2019年08月08日

訪タイの中国人とインド人に14日間のビザなし滞在を実施方向!

 ピパット・ラチャキットプラカーン観光・スポーツ省大臣はタイメディア・Prachachat Businessに対し、2019年後半に中国とインドに対して、14日間のビザなし滞在を認める予定であると語ったようです。
 現在中国とインドは到着ビザ取得が必須ですが、本来手数料2000バーツのところ、10月まで無料。タイを訪れる中国人は、2019年は1,050万人から1,100万人の予測。ビザ免除が実現すれば、さらにたくさんの中国人観光客がタイを訪れて、観光収入が増加するとのことです。


 ◎でも、中国人観光客が増えると、タイではさらに中国人が嫌われるようになるかも? そしてなによりもチェンマイでは我々日本人が中国人に間違われる機会がさらに増えそうで・・・嫌ですね!

 ◎コメント欄ですが、私はチェンマイに来るツアー客の中国人には嫌悪感を覚える程度で、”心底嫌っている”なんてことはありません。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(2) | ビザ・イミグレ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひと昔前は、真っ先に日本人?と聞かれてたが、
今ではまず中国人?と聞かれ次に韓国人? 日本人と答えるとふーんみたいなシラケ感を返される。
いまは中国人、韓国人がお金を落としてくれる上客なんでしょうね。
日本人観光客はケチケチせずチェンマイでもっとお金を使いましょう、定住者もそれなりに。
っていうか、日本人観光客さん、もっと来てよ。
Posted by インド人を右に at 2019年08月08日 14:12
あなたは心の底から中国人が嫌いなのですね。
Posted by コメット at 2019年08月08日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。