2019年08月03日

タイの48の私立病院・治療費や薬代などの公開義務に従わず!

 タイの私立病院の不明瞭な高額医療費がやり玉にあがり、タイ政府も「医療費もが価格管理の対象」とし、医療機関に治療費や薬代などを公開することを義務づけた。だが、国内の私立病院のうち48は期限までの提出を行わなかったようです。以下に関連記事。・・・

  <48の私立病院が閣議決定に従わず費用情報未提出 当局が聞き取りへ
 医療費が価格管理の対象とされたことから医療機関に治療費や薬代などを公開することが義務づけられることになったが、タイ商業省国内取引局はこのほど、国内の私立病院のうち48は期限の7月31日までに病院で利用者が支払う費用に関する情報が提出されていないとして、これら病院から聞き取りを行う方針を明らかにした。これまでに費用に関する情報を提出した私立病院は305カ所とのことだ。
 なお、医療費などを価格管理の対象とすることは7月2日の閣議で決まったもので、医療費には医薬品、医療品、医療サービスの費用が含まれている。{バンコク週報・2019/8/2配信を転載}


「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(1) | チェンマイでの病気・治療・病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いくら値段を管理したところで電子カルテにある外人区分はなくならないかと?

外人からはボッてもいいってタイルール
まずは国立公園の入園料から率先して改善すべきかと思います。
手本がやっちまってる内は、末端のトゥクトゥクやシーローデーンまで悪気なくやっちまって当たり前となります。
Posted by なんだかな〜 at 2019年08月03日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。