2019年07月19日

チェンマイ食材探し隊スペシャル・日本の梅干し食材

20190713umeH.jpg
 チェンマイの梅に比べると日本の梅は大粒だ!

 7月の福井への一時帰国。スーパーに並ぶ野菜や果物などの食材を眺めるのが、異国の市場に行ったような楽しみとなる。まず、ここでは6月から7月にかけての日本での梅干しの仕込みの時期ということで、日本の梅干し食材について。・・・
 
20190713umeboshiI.jpg
 こんな大きな梅で梅干しと梅酒を作ってみたい!

 まず梅であるが、すでに収穫期が終わっているのだけれども、収穫せずに放置した梅の木を偶然見つけた。枝先に残っている梅は黄色く熟して地面に落ちそう。もいで掌にのせると、果実の立派な大きさにビックリ。こんな梅がチェンマイで手に入るならば、毎年のように梅干しを仕込むのに・・・残念!

 というのも、チェンマイの山岳部にある梅の実の小さいこと。熱帯チェンマイには温帯果実である梅を植えて育てても限界があり、日本ではありえないような小粒の梅の実しかできない。それでも、ないよりましということで、小粒の青梅でも構わない梅酒を毎年自分で作る。そして、比較的大きな粒の梅が入手出来たら、梅干しを自分で漬けてみる。

20190713umeE.jpg
 おいしそうな梅ですね!

20190713umeD.jpg
 赤ちそと梅です!

 7月初旬だが、まだ少しだが梅干し用の色づいた梅(紅映梅)が売られており、1キロで558円(約160バーツ)となっていた。(半キロで300円もあった)。チェンマイでは小粒で品質は劣るのだが、青梅1キロで30バーツ(約105円)余りと格安なのだが。値段だけで比較すると、チェンマイの梅は日本の梅の5分の1以上の安さとなろう。

 ここで、日本の田舎では畑には雑草のように育ってくる赤しそ(紫蘇)だが、梅干し用にそれも当然売っている。田舎の人は畑などにあるのでわざわざ購入しないだろうが。 

 その雑草みたいに生えてくる赤しそなのだが、チェンマイというかタイではなぜか育たない。青紫蘇(大葉)は育って収穫できるのだが、赤しそだけは育たない。正確には、アリなどの虫よけを厳重に管理して発芽させて、育てることはできても、大きくは、そして多くは成長しないようだ。その証拠に、チェンマイ(タイ)ではタイ産赤しそはどこにも売っていない。

 チェンマイで梅干しを漬けても、赤しそが入らない梅干ししかできない。別に、赤しそを入れなくても、ちゃんと梅干しはできるので構わないのだが。でも、日本の梅干し漬け込みの時期には、塩もみして梅干しに混ぜるだけの袋入り“赤しそ”が売りに出される。

20190713umeA.jpg
 これをチェンマイに買って帰るのですわ!

 近くのスーパーで見かけた。「赤しそ(生梅約2キロ漬け用・500g・税込み399円)(上記写真)」を。もちろん、2年前に漬けた自家製梅干しに、赤しそを混ぜたいので、今回購入してチェンマイに持ち帰ることにしている。なにせ、2年前にチェンマイ田舎庵で、なんと20キロの梅を漬けて梅干しを自家製造。その1部に、赤しそを混ぜて“赤色の梅干し”にするのが楽しみである。

20190717umesyuB.jpg

20190717umesyuA.jpg

 次に、チェンマイ在住の友人も含めて私も、毎年青梅で“梅酒”を自家製造。その時に日本で入手する氷砂糖とホワイトリカーの今年の7月時点でのおおよその値段を紹介。氷砂糖は1キロで約400円、ホワイトリカーは1.8リットルで1400円前後のようだ。

 ちなみに、チェンマイでは“格安氷砂糖(ただしあまり固くなく溶けるのが早い)”があり、ホワイトリカーの代わりに、税金抜き格安タイ焼酎(2リットルで150バーツ{約530円})を仕入れて、美味しい梅酒を格安で自家製造して飲んでいます。

20190713umeB.jpg

 知らなかったのだが、「かりかり漬けの素」(上記写真)なんてあるのですね。これをチェンマイに持ち帰ることはできませんが、チェンマイで「梅のかりかり漬け」に挑戦したいものだ。どなたか一緒にチャレンジしませんか?

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(1) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梅干しは プロジェクトオブ タイランド製でたくさん昔は日本から持って来てたが 今は日本に持ってく おみあげにもなる 決めては値段 キロ160バーツ600円に対して4倍 味は同じ皮が少し堅いが気にならず 市場に有りますが店の人に聞かないと分からない 又バイク旅行きましよ
Posted by 大野 at 2019年07月19日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。