2019年07月06日

わが故郷・南越前町の花はす早朝マラソン大会・前日に試走!

20190707runB.jpg
 はす水田と日野山を眺めてコースを走る

 7月の一時帰国は初めてなので、帰郷して初めて花はす早朝マラソン大会(第15回)が、ほぼ1週間後の7月7日(日曜)にあると知った。いつか一度は走ってみたいと考えていたのだが、すでにエントリーは締め切っていた。ところが、大会当日には走れないだろうが、前日にでも10キロコースを勝手に試走してみよう、とひらめいた。・・・

 前日の土曜の11時過ぎに、ママチャリで出発地点の南条ウオーターランドに到着。明日6時前に開会式で、10キロが午前6時10分スタート。なのに会場では、テントや椅子の設置作業がのんびりと行われていた。すでに、走れる服装でママチャリに乗ってここに来たので、すぐにスタートして走れる。

 だが、正確なコースがわからない。主催者の教育委員会の事務所に行き、コース地図をもらう。給水サービスはまだないので、ランニングウエストポーチに、自動販売機で購入した梅ジュース小型ボトル(130円)を保管する。はい、準備万端整ったので、1人でスタートを切る。

 そのスタート地点で、明日に走るのであろう若い夫婦(たぶん)がスタンバイしている。ちゃんとしたお揃いの色のランニング姿で、明日の試走なのであろう。スタート合図もなくゆっくりスタート。地図片手に周囲の田園風景や盆地を囲む山々を懐かしく眺めながら走る。

 10キロコースだが大雑把にいえば、杣山温泉もある山間の花はす公園まで行き、そこで折り返して日野川河川敷のレインボー公園に戻ってきて、そこがゴール。これまで、家から杣山温泉まで走ったり、ママチャリでサイクリングしているので、10キロコースのほとんどが走っていたことがわかった。

20190707runA.jpg
 景色抜群の農道コースを走る

 タイムは度外視して、ゆっくりでも休まずに故郷の景色を楽しみながらの10キロ完走を目的とした。それでも、昼の日差しの中での走りは暑くて汗が出てちょっと疲れる。昨年の7月のこの大会であるが、異常な酷暑のために中止になったとのこと。中止になるくらいの酷暑ってどんな暑さだったのだろうか?

20190707runC.jpg
 ゴールになる日野川河川敷レインボーパーク

 走りながら周囲の山々を眺める。奥の細道の松を芭蕉も詠んだ越前富士の日野山。杣山城跡がある杣山。武周ヶ池のある野見ヶ岳、その頂上からは敦賀湾の日本海が見えるホノケ岳など。これまで登ったことのある懐かしい山々に見守られて走る。山間の奥に入ったところに有名は花はす公園があり、この時期がはすの花の見頃らしく“花はすまつり”が開催中。

 そこには杣山温泉もあり、さすがに蓮の花を見に多くの行楽客が訪れて賑わっている。そんな中を1人で走って駆け抜けていく。大きな花を咲かす蓮の花は確かに綺麗であるが、私はさほど興味が湧かない。ちなみに、ここで試走の男性ランナーとすれ違った。やはり、前日試走ランナーはいるのだ。

 公園と温泉を抜けて先に向かって走るが、折り返し地点らしき場所がわからない。集落のおばさんに尋ねたら、集落のもっと先だという。集落を抜けて谷間の林道に入っても、折り返し地点の表示看板がないではないか。もらったコース地図を出してきて、確かめて見る。「ありゃ!どうやら折り返し地点を500メートル以上も通り越したようだ。すぐに引き返そう!」と呟きながら、踵を返した。

 明日の早朝マラソン大会なので、“前日の昼過ぎにはコースの表示看板ぐらいは据え付けられているだろう”との読みは完全に外れてしまった。

 間違った折り返し地点から戻りながら、ウエストポーチの中の梅ジュースで給水。チェンマイ田舎でのマラソン練習では、5キロ余りの距離ならば水など飲み物を持たずに走っているので、今回も途中給水などなくても気にせず走ることができる。

 チェンマイ田舎で、10キロ余りのマラソン練習をずっとしていないので、この10キロコースの完走が不安であった。だが、完走できて、走り終えてもほとんど足に疲れが残らない。これなら、10〜11キロのミニマラソン大会に2年ぶりに復活しても、タイムは劣るだろうが完走できる自信がついた。

 チェンマイに戻ったら、さっそく10キロ余りのミニマラソン大会にエントリーしてみよう。そして、以前のように、月に2回以上はマラソン大会に出て走って楽しみたいものだ。

 今回の10キロマラソンのエントリー代金は2500円とのこと。エントリー代を払わないでコースを走らせてもらった。本当は。明日の日曜の10キロにエントリーして大勢のランナーと走りたかったのだが。来年以降、その機会がいつか来ることを楽しみにしよう。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ



posted by 新明天庵 at 20:00| Comment(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。