2019年06月06日

Grabがチェンマイで電動トゥクトゥク(オート三輪)配車サービス開始!

20190606newsB.png

 配車アプリのグラブ・タイランドは6月4日、北部チェンマイ県で電動トゥクトゥク(オート三輪)の配車サービスを開始したと発表。大気汚染の悪化が懸念されるチェンマイで、官民連携で電動トゥクトゥクの普及を目指すようです。以下に関連記事。・・・

  <グラブ、チェンマイで電動トゥクトゥク
 シンガポール系配車アプリのグラブ・タイランドは4日、北部チェンマイ県で電動トゥクトゥク(オート三輪)の配車サービスを開始したと発表した。同サービスの提供は東南アジアで初めて。大気汚染の悪化が懸念されるチェンマイで、官民連携で電動トゥクトゥクの普及を目指す。
 グラブは同日、チェンマイ県やチェンマイ大学などと、同県での自家用車の利用削減を目指す「チェンマイ・スマート・モビリティー・アライアンス・ネットワーク」を設立することで覚書を締結。この取り組みの一環として、チェンマイで電動トゥクトゥクのサービスを開始した。

 トゥクトゥクの運転手には、従来のトゥクトゥクの燃料費が月6,000バーツ(約2万600円)かかるのに対し、電動トゥクトゥクは充電料金として月1,400バーツに抑えられることを売り込む。グラブはチェンマイを皮切りに、タイ国内の交通機関の電動化を支援していく。

 タイ政府は電気自動車(EV)産業の誘致に向け、公共交通機関や公用車の電動化を進めていく方針を示している。昨年には地方電力公団(PEA)が、チェンマイでトゥクトゥクの電動化事業を開始。液化石油ガス(LPG)を含めた化石燃料をエネルギー源とする同県のトゥクトゥク450台を、2020年までにEV化させる目標を掲げている。{https://www.nna.jp/news
2019/06/06配信を転載}


 ◎LPG燃料で独特のうるさいエンジン音で走るのが、チェンマイのトゥクトゥク。電動トゥクトゥクになれば、当たり前ですがエンジン音がなくなり静かに走るようになるのですよね。音もなく走る電動トゥクトゥクは・・・相手も車やバイクからは危険だと思うのですがね?

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

posted by 新明天庵 at 07:00| Comment(0) | バス・タクシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。