2019年05月17日

2021年3月よりマイナンバーカードが健康保険証としても利用可能へ!

20190517mynumber.png

 マイナンバーカードを健康保険証として使えるようにする改正健康保険法などが、5月15日の参院本会議で賛成多数で可決、成立した。利便性を高め低迷するカード普及率を向上させるとともに、受診時の本人確認をより確実に行えるようにするのが狙い。2021年3月からの施行を目指すようです。・・・

 まず、チェンマイやチェンライなどで長く定住している日本老人を中心として、日本での住民票がないために、日本の役所でマイナンバー登録をしていない方もあり、登録してマイナンバーカードを持っていない方もおられるようです。

 チェンマイやチェンライ在住の定住、あるいは長期滞在日本の方で、現時点で“マイナンバーカード”を取得している方は、あなたの周囲に何人ほどいるのか、“聞きまくり(?)”したほうがよさそうですね。

 いずれにせよ、“マイナンバーカードを持っていない方”は、今回の改正健康保険法の「カードが健康保険証に使える」件は“蚊帳の外”に置かれるかと。

 まあ、「マイナンバーカードを健康保険証としても使えるようにする」のであって、マイナンバーカードの無い方はこれまで通りということですよね。“ないカード”は使えませんので。

 それに、その施行が再来年の2021年3月ということなので、時間はたっぷりあります。“マイナンバー”の無い海外在留邦人としての“健康保険適用問題”を、今後とも冷静に議論したいものです。

 ◎コメント欄にこの記事の疑問点を投稿した方がおられますので、併せてお読みください。私にはどのように返事してよいのかわかりかねますので、悪しからず。

 「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(1) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事の内容が理解できません。マイナンバーを持っている、いないに関わらず、日本の住民票を抜いていれば、国民健康保険には加入できないでしょう(会社の健康保険組合は分かりませんが)。住民票を抜かずに海外で長期滞在していれば(厳密には違法ですが)マイナンバーも持っているでしょうし、国民健康保険にも加入しているはずです。マイナンバーカードを健康保険証として使える事とは何の関係も無いのでは?
Posted by マイナンバーカード at 2019年05月17日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。