2019年05月15日

タイ国内10ヶ所の指定文化財・チェンマイのヒノキランド選定に批判続出!

20190515newsB.jpg

 まず先のココの記事を参照下さい。文化相がタイ国内10ヶ所の指定文化財(?)に、チェンマイ県の“日本の寺社文化もどきのテーマランド”であるヒノキランドを選定。その直後から、ランナー王朝の古都チェンマイには、ランナーの多くの重要文化財がたくさんあるのに、ヒノキランドが選定されるのは間違いだとの批判が続出している。・・・


 この批判は当然ともいえるので、TV各局もニュースなどで大きく取り上げています。その批判の詳細記事を正確な日本語で伝えているのが、ブログ「タイ字新聞、タイ語の記事をとりあえず日本語に」さん。「タイ文化省がチェンマイ檜ランドを指定文化財として選んだことに批判、タイ式でなくコピー建築では」との見出しの記事はココを参照下さい。(10ヶ所すべて掲載されています)

 チェンマイ田舎在住野次馬邦人としましては、あれこれ思ってしまいます。

「この騒動でヒノキランドがタイ全土に知られるようになって、ヒノキランドの社長さんは、その無料の大宣伝に大喜びだわ!」

「ヒノキランドの日本伝統寺社文化“風”のテーマパークに、冷ややかな見方をするタイ人が増えてきそうで、ちょっと心配かな?」

 いずれにせよ、ヒノキランドがこれまで通り、日本文化に憧れるタイの人々が“日本”を楽しめるテーマパークとして、今後も充実発展して欲しいものです。そう、入場料は無料のままで!

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(1) | チェンマイ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
成程他の9カ所に比べるとヒノキランドの選出は異常ですね
Posted by 菅 久雄 at 2019年05月15日 16:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。