2019年04月05日

タイ下院選終わっても議席数不明で、反軍政の新未来党が軍政派より集中砲火!

 去る3月24日に2011年以来初のタイ議会下院(定数500)選挙が終わったのだが、比例代表(150議席)の確定議席がいまだに選管より発表されない。また、反軍政の新未来党が新誕生政党ながら第3党に躍進し、軍政派より党首の取り調べや解党の訴えなど、新未来党潰しの集中砲火を浴びているようです。
 やはり、予想通り、タイの総選挙後は政争が激化して、なお一層の政治混乱に陥るパターンの繰り返しではないでしょうか? 以下に関連記事。・・・

 <タイ下院選、10日経っても議席数不明 比例代表算出方法で混乱
 【タイ】3月24日に投票が行われた2011年以来初のタイ議会下院(定数500)選挙で、選挙法が定めた比例代表(150議席)の議席を票数から算出する方法に複数の解釈が浮上し、投票から10日以上経ったにもかかわらず、タイ選挙委員会が結論を出せずにいる。
 今回の下院選は過半数に届いた政党がなく、連立工作が焦点となっている。比例代表に関する選挙委の判断が政局に大きな影響を与える可能性があり、同委の中立性、透明性を疑う声が強まっている。
 混乱が続く中、選挙委は4日、投票者数と投票数が合わないなどとして、北部ラムパン県、東北部ヤソートン県などの投票所6カ所で再投票を、東北部コンケン県の投票所2カ所で再集計を行うと発表した。投票日は明らかにしていない。{《newsclip》2019年4月4日(木) 23時17分(タイ時間)配信を転載}


 <下院選で躍進のタイ民主派新党、軍政・保守派から集中砲火
 【タイ】プラユット軍事政権と真正面から対立する民主派の新党、新未来党が軍政・保守派から集中砲火を浴びている。党首が煽動罪、幹事長が不敬罪などに問われ、党自体も解党処分を受ける可能性が浮上している。
 新未来党はタイ自動車部品大手タイ・サミット・グループ創業者一族のタナートン・ジュンルンルアンキット党首(40)のもと、軍事費の削減と軍事クーデターの再発防止、民主化に向けたタイ軍の抜本改革、不敬罪の改正、軍政が作成施行した2017年憲法の改正などを訴え、3月24日に行われた2011年以来初のタイ議会下院(定数500)選挙で第3党に躍り出た
 軍政・保守派は同党の主張に強く反発。今月2日に記者会見したアピラット・タイ陸軍司令官は「国外で学んだ左翼思想を持ち込むな」「立憲君主制の変更を企てれば内戦になる」などと警告した。同日、軍政派団体が、国家の安全保障と王室を脅かすとして、選挙委員会に同党の解党を要求した。
 アピラット司令官の発言に対し、タナートン党首は3日、新未来党は民主主義への復帰、人権の尊重、公正な司法を求めているだけだと反論し、軍政の圧力に屈しない姿勢を見せた。
 タナートン党首は、2015年6月にバンコク都内のパトゥムワン警察署前で行われた反軍政デモでデモ参加者の脱出を助けたとして、煽動罪に問われている。今月6日、取り調べのためパトゥムワン署に出頭する予定だ。{《newsclip》2019年4月4日(木) 23時17分(タイ時間)配信を転載}


 <経済界 5月中の新政権誕生求める 「街頭デモは勘弁」
 5月9日までに中央選挙管理委員会が総選挙の公式結果を発表した後、新政権樹立の動きが本格化する見通しだが、国内最大の経済団体であるタイ工業連盟(FTI)のスパン議長はこのほど、「経済にダメージが及ばぬよう政党には柔軟な姿勢で交渉に臨んで速やかに新政権を誕生させてほしい」と訴えた。
 5月は4日に戴冠式、5日と6日は関連セレモニーと行事が執り行なわれる予定だが、同議長によれば、5月中の新政権誕生が望ましく、政党間の交渉がこじれて街頭デモが行われるような事態は避けるよう強く求めた。{バンコク週報ウエブ・2019/4/4配信を転載}


「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | タイの気になる政治や経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。