2019年03月06日

チェンマイで一番安くてかつ美味しい日本カレーの店

20190306foodE.jpg
 スープもついた鶏肉テンプラカレー・50B

 チェンマイで美味しい日本カレーが食べたくなったら、MAYA(メーヤ)ショッピングセンター4階にある、日本からのカレーライス専門店CoCo壱番屋(ココイチ)です。もちろん、1皿150〜200バーツ以上と、チェンマイでは高価な一品料理。しかし、安くて美味しい日本カレーの店もあるのです。・・・

20190306foodA.jpg
 わかりにくい店なのです!

 その店の名前は「 ร้านอุด้งเส้นสดเชียงใหม่(うどんセンソットチェンマイ)」と、なぜか“うどん”をつけています。(うどんのメニューもあるのでこの名前なのかも?)

20190306foodB.jpg

20190306foodD.jpg
 メニューに日本語もありますが?

 狭いソイ(路地)を入っての小さな店なので、見つけるのにちょっと苦労します。ここのお勧めメニューですが、揚げたてのサクサクテンプラ(エビ、豚、鶏)がついたカレーで、1皿たったの50バーツぽっきり。

20190306foodC.jpg
 店内は大衆食堂そのもの!

 何よりもこの店のカレーは、日本のカレーにそっくりの風味を出している。尋ねてみたら、「日本からのカレールーでなくて、自家製です」とのこと。まあ、騙されたと思って一度召し上がってください。今度は、カレーうどんなどの他のメニューも食べたいものです。

 ちなみに、ブログ「清邁極楽蜻蛉」さんは、チェンマイの美味しいカレーの店として、ココの店やソコの店を紹介しています。



「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(1) | チェンマイの日本食・日本食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の午前中に ร้านอุด้งเส้นสดเชียงใหม่(うどんセンソットチェンマイ)に行きカレーライスを食して来た。チェンマイ門からワットブラシン方向に行き手前の路地を右折して行くとすぐに見つかった。店先で天ぷらを揚げながら笑顔のご主人が迎えてくれた。「エビフライカレーライス」を食べた。カレーライスの上に中指大のサクサク感のエビフライ2匹が乗って、カレーの味はスパイスがきいた日本の辛口カレーに近づけたオリジナルのルーである。具のジャガイモの形もはっきりと残っていた。容器を持参して「トンカツカレーとエビフライカレー」を嫁と子供のお土産として持ち帰った。
50バーツのカレーライスとしては大変満足できるものであった。店は2室ありテーブル数は13席でゆったりと食事ができる。うどん、ラーメン、トムヤンクン等も50バーツと低価格、壁にはたくさんのタイ人が書いたコメント用紙が貼ってある。人気のお店だとよくわかる。
Posted by 岡 晴雄 at 2019年03月06日 14:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。