2019年02月28日

チェンマイのヒノキランドで日本からの河津さくらが咲く!

20190228sakuraB.png

 九州と静岡県から持ち込んだ1300本の河津(KAWAZU)さくらを植樹したヒノキランド。2月29日現在、その一部の桜が開花して、見物客の目を楽しませている。ヒノキランドでは、さらに1000本を日本から運んできて植樹することになっている。・・・


20190228sakuraA.png

 ということですが、このように日本の八重桜の花がチェンマイで見られるのは、大変珍しいことです。チェンマイではすでに桜の開花シーズンは過ぎており、来年の1月から2月にかけての河津さくらの満開が待たれます。

 日本からの本場の桜の木の桜が花を咲かすとなれば、タイ人の憧れの日本の桜だけに、多くの人々が訪れることは間違いなしでしょう。

 ◎なお、ヒノキランドの詳細はココの公式フェイスブックなどを参照。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(0) | チェンマイなどの季節の花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。