2019年02月06日

気温逆転現象発生で、バンコクでは2月7日と13日〜15日は大気汚染悪化か?

 タイ政府天然資源環境省のウィチャン事務次官は2月4日、気温逆転と呼ばれる現象のためにバンコクでは2月7日と13〜15日の4日間に大気汚染が非常に悪化する恐れがあると警告したようです。以下に関連記事。・・・

  <7日と13〜15日は大気汚染がさらに悪化 政府が警鐘「極力外出を避けて」
 タイ政府天然資源環境省のウィチャン事務次官は2月4日、気温逆転と呼ばれる現象のためにバンコクでは2月7日と13〜15日の4日間に大気汚染が非常に悪化する恐れがあると警告した。
 気温逆転とは低層より高層の方が気温が高い状態。このため、汚染物質は高層に拡散せず低層に留まることになるため、大気の汚染濃度が高まる。
 同事務次官は、「気温逆転が起こるとみられる4日間は外出を避けてほしい。もし外出しなければならないのならN95マスクの着用を忘れないようにしてほしい」と呼び掛けている。{バンコク週報ウエブ2019/2/5付け配信を転載}

 ◎チェンマイでも気温逆転現象が発生する場合には、ちゃーんと事前に予報して下さいよ!
まあ、田舎都市なのでそこまでの注意報は出さないかも?

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 22:00| Comment(0) | チェンマイなどの煙害・パート2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。