2018年12月27日

2019年1月3日〜4日・「しぶんぎ座流星群」

20181227star.png

「しぶんぎ座流星群」は8月の「ペルセウス座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とならぶ3大流星群のひとつ。毎年正月明けにピークを迎える。「しぶんぎ座」という星座は現在は存在しないが、かつて「へきめんしぶんぎ座」という星座があったことからこの名前がつけられた。・・・

 タイ天文台によれば、タイでは1月3日の02:30〜4日の明け方にかけて流星群のピークを迎えるとのこと。なんたる偶然、1月3日と4日に、タイで第2位の高さ(2285m)であるチェンマイ県ファーン郡にあるドイ・パーホムポックに1泊キャンプ登山の予定。

 8合目の高さで1泊キャンプするので、星空は奇麗に見えるはず。「流星が流れて消えるまでに、願い事を言えば願いがかなう」と言います。

 普通は、すっとあらわれてすっと消える流星。今回は、流星群がドバッーと観測できそうなので、“流星への願い”が1つぐらいは叶いそうである。こりゃ楽しみだわ。ちなみに今回の流星群は、タイ語では“ฝนดาวตกควอดรานติดส์”と呼ぶそうです。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 21:00| Comment(1) | 北タイ暮らしの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の時期沖縄石垣島では南十字星が見えると言いますが、タイは緯度がさらに南なので見えると思いますが如何でしょうか?
Posted by 菅 久雄 at 2018年12月28日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。