2018年12月19日

タイの空港内で購入した“ランなどの切り花”は日本に持ち込めなくなった!

 タイ観光庁(TAT)は、タイの空港で購入したランなどの切り花を日本に持ち込むことはできないとして、注意を呼びかけているようです。以下に関連記事。・・・

  <タイの空港で購入した切り花 日本に持ち込めず
 タイ観光庁(TAT)は、タイの空港で購入したランなどの切り花を日本に持ち込むことはできないとして、注意を呼びかけている。
 植物防疫法により、植物を日本へ持ち込むには輸出国政府機関が発行した検査証明書を添付して輸入検査を受ける必要がある。タイの空港内(出国審査後)の免税店や店舗で購入した切り花も対象となるが、出国審査後はコンコース内に植物検疫所がなく、証明書発行のための手続きを受けることができない。{《newsclip》2018年12月17日(月) 22時35分(タイ時間)配信を転載}


◎今年2018年10月1日より、以下のようなポスターが日本の空港に貼られています。

20181219kenekiA.png
 クリックを2回して拡大

 これによって、従来外国から日本に持ち込めた植物やその加工品の一部などが、輸出国政府機関が発行した検査証明書添付が必要になったということのようです。

 チェンマイ定住者集いの会の生活情報交流会では、
 ・スワンナプーム空港で、これまでのように日本への土産に購入した贈答用の“蘭の切り花”が、成田空港で、10月1日から必要となった“輸出国政府機関が発行した検査証明書添付”がないということで廃棄処分となった。
 ・袋入りタイ米を日本への土産に、いつもの通り持ち帰ったが、成田空国で、上記と同じ理由で廃棄処分にされた。
 ・チェンマイ産のコーヒーの生豆を日本への土産に持ち帰るのに、“輸出国政府機関が発行した検査証明書添付”が必要となったようだ。


 などなどの体験情報の交流で注意喚起が行われています。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(1) | 北タイ暮らしの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>袋入りタイ米を日本への土産に...
9月の時点で、玄米は駄目だが精米は加工食品扱いなので1年間に100kgまでは持ち込みOKだったんで、先程**検疫所に聞いてみたが、やはり10月からは精米でも検査証明書は必要だそうです。
事実上、一般人(旅行者)が全ての野菜・穀物類を生で持ち込む手段が閉ざされたみたいです。
どうしてもなら、タイ米を炊いて真空パックにすれば良いかも(其処までやるか)
Posted by 名無しさん at 2018年12月20日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。