2018年09月04日

チェンマイ県プラーオ郡・“蓮花咲く温泉”の露天湯船が再リニューアル!

20180904onsenF.jpg
 タイルを張って再リニューアルしたピカピカ湯船

 プラーオ郡の田舎に暮らす日本人のTさんを訪ねる野暮用ができた。その途中にあるのが、無料露天温泉の超穴場であるPong Bua Ban Hot Springs(โป่ง บัว บาน)。チェンマイに長く住んでいる日本の方でもほとんど知らないのだが。・・・

 地元の村が村人のための簡易温泉施設として空き地にぽつんとあり、管理人もおらず無料となっている。以前に、村がこの温泉場をちょっとした観光地として再開発し、四角い露天湯船も第1回目のリニューアル。

 露天風呂の湯浴みも大人1人20バーツとして、そのための頑丈な湯銭入れ箱を設置。だが、管理人がいないので、頑丈な湯銭入れ箱も壊され、温泉湯船への温泉湯や水の配管も壊れたも同然、湯船も緑の藻で汚れるがままに放置されることになった。

 従って、2年くらい前からは、チェンマイにいる温泉好き日本人も、ここの温泉にはまったく来なくなってしまった。だが、周辺の山麓に住む“コンドーイ(山の人)”の人たちは、無料だとあって平日の日昼でもやってくる。

 “コンドーイ(山の人)”の人たちは、湯が多少汚れていようが気にせず、温泉湯を止めて水風呂同然にして、服を着たまま湯船に浸かり、はては湯船の中で石鹸やシャンプーを使うではないか。これでは村人も呆れて、荒れて汚い温泉に近寄らなくなったようだ。管理人がいない無人で無料の露天温泉は荒れて汚れてきた亡くなるのも仕方ないですかね?

20180904onsenA.jpg
 ここは蓮池のある低湿地だったようです
 
 ここで、この鄙びた田舎村温泉の歴史などを以下に一部だけ紹介。これまでは“ハス咲く温泉”と名付けていましたが、今回は“蓮花咲く温泉”と命名して見ました。“花はす温泉”のほうがピッタリなのですが、それでは私の故郷の福井県南越前町にある“杣山・花はす温泉”に対して失礼になるので、苦し紛れに“蓮花咲く温泉”に。

 ◎2015年04月
 「北タイ温泉探検隊がチェンマイの“ハス咲く温泉”を整備・その1」のココを参照。

 ◎2015年04月
 「北タイ温泉探検隊がチェンマイの“ハス咲く温泉”を整備・その2」のココを参照。

 ◎2015年09月
 「チェンマイの“蓮咲く露天温泉”の日除けネット張替えボランティア」のココを参照。

 さて、本題に戻るのだが、今回の急に思いついた訪問ですが、「まあどうせ荒れたままで、入浴など期待できそうもないだろう」と諦めていた。

 だが、国道1001号から横道へ1キロも行かない近さに温泉場があるので、まったく期待はできないだろうが、ちょこっと様子見に立ち寄ることに。

20180904onsenB.jpg
 手前の砂利入り土管が池の水のろ過器に!

20180904onsenC.jpg

 すると、四角い露天湯船が、すべてピカピカのタイル張りにリ再ニューアルされているではないか。タイル張りにしてから、まだ、2ヶ月も経過していないようで、出来立てのピカピカの湯船になっている。

20180904onsenD.jpg
 源泉池で温泉卵も出来ます

20180904onsenG.jpg
 平日の午前などは誰もいない長閑な温泉場

 湯船に取り付けられている、熱い源泉湯を取り入れる蛇口パイプも、水を取り入れるパイプも動かないようにしっかり固定されている。また、水の取り入れだが、温泉場すぐ横にある貯水池の水なので、濁りをろ過する土砂を詰めた土管から取水パイプを取り付けている。

20180904onsenE.jpg
 湯船に浸かっての目の前の光景です!



 まあ、これで、以前と同じように、湯船の水を抜いて、湯船をちょっと掃除して、新しい源泉湯を貯めて、奇麗で適温の露天風呂で野趣溢れる湯浴みを楽しめるというものだ。

 そして、温泉探検隊としては、以前と同様に、この温泉場の環境整備を村人と相談・協力しながらやって行きたい。

 とりあえず、早急に整備したいのは・・・
・散らかっているごみを無くすために、2個のプラスティック・ドラム缶のゴミ箱を設置(2個で1000バーツの予算)。
・以前のように、四角い湯船の四隅に柱(木でなくコンクリート)を建てて、日除けの寒冷紗を屋根のように覆う。(コンクリート柱4本、寒冷紗40メートル?→3000バーツ?の予算)

 を考えています。1人当たり500バーツ以上で、8人のカンパが集まれば整備予算が確保できる計算になります。遅くとも、好天続きのチェンマイの冬季が始まる11月までには実施したいのですが、予算の集まり具合によります。

 いずれにせよ、温泉大好きの方は、是非ともここの“野原にポツンの露天温泉”を日帰りで訪れてみて下さい。そして、この温泉が気に入って、今後も利用したいと考える方は、温泉場整備ボランティア参加やその資金面での支援をお願いしたいものです。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

posted by 新明天庵 at 09:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。