2018年08月30日

無免許運転の5万バーツの高額罰金・プラユット首相は反対表明!

20180830newsA.png

 先のココソコの記事で紹介したように、タイ運輸省は交通事故を減らすために、交通違反の罰金を一挙に日本など先進国並みに高額に引き上げる方針を発表。ところが、8月28日に、プラユット首相は反対を表明したようです。さて、今後どうなるのか注目です!・・・


 ちなみに、タイと日本の最低賃金を比較して見ましょう。
 日本・2018年の全国平均時給約866円(約255バーツ)
 タイ・2018年の平均日当約340バーツ前後・時給に換算すると340÷8=約43バーツ(約145円)
 あくまで大雑把な計算ですが、タイ人の日当額は、日本人のそれの約6分の1になると考えられるかと。

 そこまで財布の事情が異なるのに、いきなり、日本のような高額な罰金に見習っての高額罰金は、国による”国民いじめ”と思われても仕方ないようですね?

 でも、チェンマイなどでのお気軽(?)ノンヘルバイク運転の多さと、バイク事故でのノンヘル運転者の死亡者が多さ。それを減らすには、やはり、現状より2倍か3倍の罰金にする必要があるかもしれません。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(0) | ロングステイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。