2018年07月09日

チェンライの洞窟の少年救出用“ミニ潜水艦”が紹介される

20180709newsAA.png

 米起業家のイーロン・マスク氏は7月8日(現地時間)、タイ北部の洞窟の13人救出のために作った“ミニ潜水艦”(上記写真)を紹介しています。以下に関連記事。・・・

  <イーロン・マスク氏、タイ洞窟の少年救出用ミニ潜水艦の動画を披露
 米起業家のイーロン・マスク氏は7月8日(現地時間)、タイ北部の洞窟の13人救出のために作った“ミニ潜水艦”の動画をツイートした。ロサンゼルスのプールで2人のダイバーが潜水して運んでいる様子を撮影したものだ。
 マスク氏は6日、救出のために現地に自分が経営するトンネル掘削企業The Boring Companyと宇宙開発企業SpaceXのエンジニアを派遣したとツイート。さらに、救出のためにSpaceXのFalcon 9で使用している液体酸素移送管でミニ潜水艦を作り、これで少年たちを運ぶプランを立てていた。アイデアを出してから約48時間でプロトタイプを作ったことになる。
 ミニ潜水艦は前後に4つの空気/酸素ポートを搭載し、重さは40キロ以下。水中でのバランスを保つためにはダイバー用のウェイトを巻く。
マスク氏は「これを改良すれば宇宙での脱出ポッドとして応用できるな」ともツイートしている。
 タイのメディアThai PBSの8日の報道によると、既に4人の少年が救出されている。この作戦では2人のダイバーが少年の前後を守りながら、少年用の酸素ボンベを抱え、少年はフルフェイスのマスクを付けて洞窟の中を進んだ。
 残りの9人については、天候やそれぞれの健康状態をみながら救出を試みるとしている。マスク氏のミニ潜水艦は間もなく空輸されるが、これが採用されるかどうかは不明だ。
 現場の責任者の発表によると、4人の救出には世界各国から集まった13人のダイバーが参加し、約90人のダイバーが協力した。{産経ニュースウエブ版・2018.7.9 11:14配信を転載}


「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | 地元紙・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。