2018年05月16日

HUG温泉・HUG ONSENはランナー温泉のすぐ手前!

20180516onsenA.jpg

 緩やかな傾斜の緑の谷間にぽつんとあるランナー温泉。だが、そのすぐ手前に隣りを接するようにあるのが、新しくオープンしたHUG ONSEN。・・・

 この新温泉についてはココの記事ですでに紹介している。でも、今回は温泉名も少し変わり、HUG ONSENの看板が。

20180516onsenB.jpg
 温泉の敷地の中

20180516onsenC.jpg
 鳥居とバスと銀閣寺の光景に??!!

 道路に面する門から中に自動車を乗り入れて、主人のタイ人おばさんに湯船部屋を見せてもらう。「これはまさしく日本風湯船で、ランナー温泉の日本風湯船とはエエ勝負。否、和風インテリアというか湯船内部のタイル張りというか、こちらの方が日本人には魅力的かも?」と、思わず頷いてしまう。

20180516onsenD.jpg
 湯船が大小2つも完備している

20180516onsenE.jpg
 こんな素敵な和風湯船は他には見られない?

 入浴料金だが、1人70バーツとのこと。湯音も日本人好みに熱く調節出来るようである。これならば、すぐ隣にあるランナー温泉の2人以上利用の場合は1人80バーツより安いではないか。
 
 試しに湯浴みしたくなったのだが、ランナー温泉で入浴すると決めていたので、次回に回すことにした。4人程度は入浴できる個室湯船は3部屋しかないのだが、人の好みもあるけれど、こちらの温泉湯船に浸かった方が日本の温泉の雰囲気を味わえるのではなかろうか。

 HUGとは“抱擁”の意味だと思うが、そうなるとこの温泉は“抱擁温泉”ということに。まあ、素敵な湯船部屋なので、そのように名付けても名前負けしないであろう。

 ランナー温泉で湯船部屋が満杯ですぐに使えない場合には、迷わずにこのHUG温泉にきて湯浴みしましょう。最初から、この温泉で湯浴みするのも悪くはない。というより、まだできて新しい奇麗な湯船部屋なので、こちらの温泉の方をお勧めしたくなるくらいだ。

 ◎なお、この温泉の公式フェイスブックは以下を参照。
  https://www.facebook.com/HugOnsenHugOnsen/

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ



posted by 新明天庵 at 04:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。