2018年05月08日

5月からのフルーツとしてライチ(リンチー)とマッファイが出回り始める!

20180508furuitA.jpg
 1キロ50バーツの初物リンチー

 庵田舎の月曜夕方定期市に出掛ける。庵の花壇に植え置きしておいた日本ネギが切れたので、その日本ネギを求めて。・・・

 でも、いつも日本ネギを持ってくる山岳民族のモン族おばちゃんの姿が見つからず、日本ネギは入手できず。次の木曜午前中の定期市に期待しよう。

 さて、ひと通り市場内を見て回ると、今季初めてとなるライチ(リンチー)売りが。値札がないので尋ねると、1キロ50バーツ(約180円)との高値。まだ、粒が小さく色も赤く熟していないようなので、購入するのは控えた。

 いよいよ北タイ山岳部特産のリンチー(ライチ)のシーズン。5月6月と2ヶ月間という短いシーズン。地元新聞によると、パヤオ県のリンチー産地では豊作傾向で出荷価格が低迷しているとのこと。今季のリンチーは全般的に安値になるのであろうか。

20180508furuitC.jpg
 緑マンゴーとマッファイ

 次に、地元の人しか、否、地元の人でもあまり買わないこの時期のフルーツにマッファイがあり、市場に出回り始めている。1キロ20バーツ程度で安いのだが、厚めの外皮を剥いて1つ1つ食べるのが面倒で、かつ、そんなに美味しいとは思わないので、私は自分で買うことはない。
 
 でも、妻が旬の果物としてたまに買ってくる場合には、目の前にあるので食べることにしている。プレーンヨーグルトに混ぜて食べたら・・・などと考えている最中。ちなみにマッファイ果実についてはココのブログ記事などを参照。

20180508furuitB.jpg
 モーントーン品種1キロ110バーツ

 果物の王様のドリアン(タイ語でトゥーリアン)ですが、5月に入って田舎定期市やあちこちの道路脇屋台でひろく売られるようになっています。1キロ100バーツ(約350円)から110バーツの値札が立ててあります。

 意外と知られていないのですが、チェンマイでも各所で普通に売られているドリアンは、中部タイや南タイのドリアン農園から移入されてきた物。北タイではドリアンは栽培されていないようです。少なくとも、チェンマイやチェンライの北タイ北部各県ではドリアン農園など聞いたことがありません。

 また売られているドリアンの大部分は、人気のモーントーン品種。ところが、北タイのウッタラディット県で生産収穫されているランラップレー品種は、美味しいのに希少品種で収穫量も限られているので高値を呼んでいる。

 なんと、1キロ200〜300バーツとのこと。こうなると、一度この高値ドリアンを試食したくなるのだが、ムアンマイ市場のドリアン売り場に行けば買うことができるのだろうか。

 いずれにせよ、一応減量中の身の上なので、栄養とカロリー豊富なドリアンなどは“見てみないようにしている”。日本のスーパーなどでドリアンがどれくらいの値段で売っているのかは知らないが、それを知ったら…ちょっと怖い。

 たぶん、「チェンマイでこんな格安なら食べないと損だ!」と精神的に追い込まれるだろうから。まあ、それでも、妻と娘がドリアン好きなので、庵の食卓にはたまに上がってくる。その時は、目の前にあるので、何も悩まずにぱくつく意志薄弱の私である。

20180508furuitE.jpg
 市場内のドリアン売り場

20180508furuitD.jpg
 モーントーン品種が1キロ65バーツ

 なお、上記のドリアン格安販売写真は
 ราคาทุเรียนที่ตลาดผลไม้ ที่ ตลาดไทยเจริญ อ.วัดโบสถ์ จ.พิษณุโลก
 ピサヌローク県ワットボート郡のタイチャルーン果物市場。ドリアンのモーントーン品種が1キロ60〜65バーツで売られており、ここの卸しで買ってチェンマイまで運ぶと1キロ100〜110バーツで販売できるのだそうです。タイチャルーン果物市場に行って見たいものですね!

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


posted by 新明天庵 at 09:00| Comment(1) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トウリアンは常温で食べると生暖かくネットリした濃厚な味でデザートと言うより高カロリーの栄養食品の感じですが、私は乾燥しない様に密封して冷蔵庫でキンキンに冷やして食べます。これはもう高級アイスクリーム以上の珍味です。
Posted by 菅 久雄 at 2018年05月08日 16:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。