2018年05月02日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(12)

 <テープパノム温泉は広大な温泉池が人気?

20180502onsenA.jpg
 看板の背後には広大な温泉池

 国道108号線のメーサリアン郡からホート郡への途中に、メーチェム郡への横道(1088号線)に入って10キロ程走ると、周囲には何もない道路横に、広い敷地の温泉公園が忽然と現われる。それがน้ำพุร้อนเทพพนม(テープパノム)温泉公園。・・・

 温泉名のテープパノムは“天人が合掌している姿”の意味もあるのだが、その由来は調べていない。「セロテープ頼む・・・でなくテープパノム」などと、くだらない覚え方をしている私。よかったら、皆さんもどうぞ。

 国立公園敷地内にあるようで、入口ゲート横の小屋にいる係員が出てきて入場料徴収。ピンクの外国人用IDカードを示すと、タイ人料金の40バーツ(?)でOKに。最近は、タイ人料金にしてくれるかどうかケースバイケース扱いのタイ国運転免許証の代わりに、より確実な外国人用IDカードを堂々と胸を張って(?)提示することにしている。

20180502onsenB.jpg
 ここで湯浴みしてもいいのかな?

20180502onsenC.jpg
 さすがに温泉の噴水も作ってあります

20180502onsenD.jpg
 数多くある源泉池の1つ

 なにせ、ここの温泉公園は源泉池も何ヶ所かあり、なによりも広大ともいえる温泉池が出迎えてくれるなど、個室湯船コテージエリアなどと各種施設が散在していて、歩いて散策するのにもちょっこら時間がかかる。

20180502onsenE.jpg
 ここに浸かって向こう側の風景を眺めると最高!

20180502onsenF.jpg
 なぜか温泉湯でなく水が入っているのはなぜ?

 ここの温泉公園でのお勧め湯浴み施設ですが、まずはすでに完成しているのですが、なぜか温泉湯が入っていない新しく出来た露天温泉プール。別料金が必要なようですが、適温の露天温泉ならば、ここでの湯浴みが快適かと。

20180502onsenG.jpg
 施設と料金案内

20180502onsenH.jpg
 タイの温泉ではタイマッサージがあって便利

 でも、タイ人相手なのでぬるま湯露天温泉になる可能性が高いかも。その時は、温泉公園の奥の方にあるコテージ内の家族内風呂に変更したほうがよいかも。その円筒形内風呂ならば、水と温泉湯の2つの蛇口があるので、熱めの湯温に調整できるからだ。

20180502onsenI.jpg
 コテージ内の家族湯船

20180502onsenJ.jpg
 コテージが10棟以上並ぶ

 さて、無料の温泉池だが、試しに池の端から慎重に入って見る。まず、仕方ないのだがぬるま湯で物足りない。その上に、池の水が奇麗でなくて、池の底も泥が溜まっていて、清潔感がなくて浸かっていてもゆっくりくつろげない。まあ、広い池なので、場所によっては熱い湯温になっているのかもしれないのだが。

 チェンマイ市内からは国道108号線でジョームトン郡、ホート郡、メーチェム郡と、約100キロ余り走ってこの温泉公園に辿り着かねばならない。これでは日帰りするには、ちょっと大変であろう。

20180502onsenK.jpg
 温泉池で遊び終わった少女たち

 温泉公園周囲には集落も民家もない寂しい場所なので、食料を買い込んで、この公園内にテント泊する予定で来たらどうだろうか。それなら、朝や夜にゆっくり温泉に浸かれて、晴れれば夜空に満天の星を眺められるに違いない。



「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ




posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。