2018年04月29日

チェンダオ“バーンデック生徒寮”の4月のムーカタ鍋ボランティア

20180429chendaoH.jpg
 近所の”こまかい子供達”も一緒!

 前回同様に、ムーカタ鍋食材をメーリムの大型スーパーMAKROで買い込んで、チェンダオの“バーンデック生徒寮”へ。1時間余りの後に到着すると、ムーカタ鍋を待つ生徒達の面々がいつもとまったく違うではないか。・・・

20180429chendaoC.jpg

 初めてお目にかかる“こまかい”子供たちがたくさん。「今日は寮生の8人のうち5人が家に戻っていていないよ。そのかわり近所のお友達が10人以上来ているよ!」。生徒寮を運営しているステープさんは笑いながら言う。

 前もって子供の人数の変更などひと言も連絡してくれない能天気なステープさん。「こんなにたくさんの子供では・・・買ってきた豚肉が不足するかも?」との不安が脳裏をよぎった。

 だが、「幼稚園児みたいな子供が多いので、彼らはあまり食べないので大丈夫だろう」との読みが当たって、食い終っても豚肉はまだ余っていたようだ。“肉を腹一杯食べさす”ボランティアなのに、その肝心の豚肉が不足してはエライ失態になるところだった。

20180429chendaoG.jpg
 これが未完成のナマズ池

20180429chendaoF.jpg
 パイナップルを追加で植えました

 さて、3月に佐賀大学の学生さんが2日がかりで掘ってくれたナマズ池。今回は池の横と底をセメントで固めることに。でも、そんな簡単にセメントで固めることができないとわかり、残念ながら、次回に延期。池の内側の形だけは整えることに。

 
 前回完成した日除け雨除けトタン屋根は、ムーカタ鍋を皆で食べるのに余裕のスペースがあって大正解。また、途中で、スコールがやってきても、大きな屋根ができたので、何も慌てることなく、雨の止むのを待てばよい。

 毎回のことだが、嬉しそうに、美味しそうに一生懸命食べる生徒達やちっちゃな子達の表情を見ていると、こちらまで美味しく楽しく食べられます。食べている時の生徒や子供たちの姿や表情を眺めると、「喜んでくれてよかった」と、こちらまで嬉しくなりますよね!

20180429chendaoA.jpg

 さて、5月は第2土曜日の12日(11時から15時頃まで)を予定。今度こそ、ナマズ池のコンクリート塗を完成させなくては。この土木仕事を手伝ってくれる方が、数人でも参加してくれると大変助かるのですが。

■4月28日時点の会計報告(原則領収書保管)
 <支出>
 1.ムーカタ用のソフトドリンク・炭(1俵)・氷などの
   のステープさんが購入分                550バーツ
 2.MAKROでの食材等購入分             1919バーツ
 3.米2袋(濱月米代基金より)             1700バーツ
 4.4月分インターネット代                631バーツ
                           合計4800バーツ
 <収入>
1.定住者財団より(参加費1人分含む)         1000バーツ
2.参加費収入 300バーツ×4人=          1200バーツ 
3.参加費の+αの収入
  700バーツ×3人                 2100バーツ                   
合計4300バーツ . 
◆収入ー支出:4300−4800=−500バーツ
 ●次回への繰り越し手持ち現金:
  10859(前回繰り越し)ー500=10359バーツ(次回繰り越し)
  {10359=3309(一般繰り越し金)+7050(米代繰越金)} 

 {今回の+αの物品寄付}
  ・松浦様より 引っ越しによる中古生活用品など多数
  ・吉川様より 引っ越しによる中古生活用品など多数
  ・吉野様より 不用衣類  
 ◎西田基金預金 23555バーツは変らず。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


posted by 新明天庵 at 15:00| Comment(0) | 手作りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。