2018年04月26日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(10)

 <こんな所に「日本兵士鎮魂の塔」が!

20180425onsenB.jpg

 メーホンソン市から国道108号線で次の宿泊地メーサリアン市に向けて、バイク5台のツーリング。2月下旬と乾暑季の最中なので雨の心配は皆無だが、煙害による白い煙が遠くの視界の邪魔をする。それにしても、この国道108号線はよく整備されてアスファルト道で、路面に穴も皆無で快適な走り。・・・

20180425onsenA.jpg

 途中に、深く大きな峡谷のパノラマが楽しめる展望地点で休息(上記写真)。煙害がなかったら、さぞかしメーホンソンらしい雄大な峡谷が、目の前に繰り広げられるのに残念である。

20180425onsenC.jpg

 そして、さらにクンユアムの町に入る手前で、国道脇に「日本兵士鎮魂の塔」に出くわす。もちろん、バイクを止めて、その慰霊塔の汚れを落としてしばし両手を合わせる。第2次大戦時に、旧日本軍がインパール作戦のためにメーホンソン市やクンユアム市に駐留。

 また、作戦失敗後は日本と同盟国のタイに敗走。その敗走の過程で、多くの日本兵が行き倒れのように傷病・疫病死している。この慰霊塔は敗走の途中に無念にも亡くなった日本兵を慰霊するために建てられた。

20180425onsenD.jpg
 道路横にぽつんと建っているので目立つ

 辺境の地メーホンソンであるから、この国道108号を行き来する日本の方は1年でも100人もいないかも知れない。そして、その中の日本人のうちどれだけの方がこの慰霊塔に気付くだろうか。気付いても、車やバイクを一時停止して、慰霊してくれる方となると、十数人程度かも知れない。

20180425onsenE.jpg
 前を見て走れば必ず見つかる”鎮魂の塔”

 それだけに、ここを通る機会があったら、是非ともしばし立ち寄って両手を合わせて慰霊したいものです。まあ、線香やロウソクを持参して祈ってもらえればもっといいのですが。

 <誰もいない貸切同然のノーンヘーン温泉は最高!

20180425onsenF.jpg
 温泉施設入口の門

 田舎の国道を走っていると、小さな集落の中に「HOT SPRING」の看板があるのに気付く。看板の矢印に沿って左折して山道を数キロ入っていくと、谷川の横の山中に立派な温泉施設が忽然と姿を現す。

 それが“メーホンソーン県のサンカンペーン温泉”といわれる(?)“ノーンヘーン温泉”。こんな立派な温泉施設があるなど、チェンマイ在住の日本人でもほとんど知らないのではないだろうか。

20180425onsenG.jpg

20180425onsenH.jpg
 温泉卵用の源泉池

20180425onsenI.jpg
 自然の山の中にぽつんとある静かな温泉場

 まず、大小の源泉池が野原に散在しており、どの池でもポコポコと沸騰している気泡が湧きあがっている。この温泉場の熱い温泉湯はかなり豊富に湧出しているのだが、なにせ、客がほとんど来ないようなので、結局、温泉場横の谷川に無駄に流しているようだ。

20180425onsenL.jpg

20180425onsenM.jpg
 温泉プールに個室湯船棟

 個室部屋や温泉プールなどが整っており、入り口に管理人が常駐し、全体的に奇麗に管理されている。入場料などないのも嬉しいではありませんか。

 入浴料金だが、タイ国免許証を提示して、タイ人料金の1人50B(子供半額)にしてもらえた(外国人は1人100バーツだが)。ここは整って清潔感のある温泉施設なので、1人50バーツ(約170円)の入浴料金はお得だろう。

 四角い湯船がある個室入浴部屋が十数個も整っている。我々5人は、4つの部屋を空けてもらって、適温で湯船に浸かってくつろぐ。お湯の蛇口が小さくて、お湯が湯船になかなか溜まらないので、すでに湯船にお湯が溜まっている入浴部屋を頼みたいものだ。

20180425onsenJ.jpg

 この個室湯船部屋だが、部屋の裏には小さいベランダもあって、火照った身体をクールダウン。ベランダからの外の景色が静かな自然の林なので、ほんとうに心が休まる。

20180425onsenK.jpg
 湯船部屋には小さなベランダもあります

 できたら、この温泉場入り口の国道にある食堂で昼飯をテイクアウトして、冷たい飲み物と一緒に持ち込んで飲み食いしたら、それこそ湯浴みを堪能できるのではあるまいか。そうそう、食堂で卵を仕入れてきて、ここで温泉卵も食べるようにしたいものだ。

 いっそうのこと、テント持参でここにキャンピング宿泊して、温泉三昧を堪能するのも面白いのではないだろうか。温泉プールに浸かりながら、夜空の満天の星を眺めることも出来そうだ。

 この温泉では、あまり時間を気にせずに、何度も湯船に身体を沈めておおいにくつろいだ。この温泉もそうだが、残念ながら、チェンマイからは遠すぎて簡単には来られない。この次、ここに来るのは1年後、あるいは2年後になるのだろうか。

 でも、この国道108号を通る機会ができたら、是非とも、この温泉を再訪して、ひと風呂浴びて旅の疲れを癒したいものです。



「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリック(以上?)をお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(1) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この鎮魂之塔は割と知られていて、手を合わせる人は多いのでは。google mapにも載っていますよ。
Posted by 通りすがり at 2018年04月26日 05:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。