2018年03月28日

チェンマイ県のソンクラーンは4月16日を「ワン・パヤーワン(วันพญาวัน)」に変更!

20180328newsA.png
 ソンクラーンが14〜16日の3日間に!

 チェンマイ県当局は、これまでのソンクラーンでの4月15日の「ワン・パヤーワン(วันพญาวัน)」を、ランナー暦に合わせて、1日ずらして4月16日を「ワン・パヤーワン(วันพญาวัน)」に変更すると発表。
 だが、隣県のランプーン県当局は、これまで通り、4月15日を「ワン・パヤーワン(วันพญาวัน)」にすると発表。・・・

 まず、タイ正月のソンクラーンであるが、

・4月13日を、「ワン・ソーンカーンローン(วันสังขานต์ล่อง)」といい、北タイでは、「大晦日(ワン・シン・ピー・カーオ)」と呼んでいる。

・4月14日を、「ワン・ナーオ(家こもりの日)(วันเน่า)」といい、この日に川原に行き「砂」をとってきてお寺に運ぶ「ターク・サイ」という行事が行われる。

・4月15日を、「ワン・パヤーワン(大いなる日)(วันพญาวัน)」といい、家族で新年のお寺詣りに出掛ける。

 いわゆる新年のお寺詣りの日が、チェンマイ県では4月16日、ランプーン県では4月15日と異なるなんて、混乱が起きるのは火を見るより明らかだとは思うのですがね? さて、どうなることやら?

 ◎HPの「ランナー・タイ」の以下に、「ソンクラーン-北タイの新年」として詳しく紹介されていますので、参照下さい!
  http://www.geocities.jp/lanna_thai_chiangrai/sonkran/sonkran.htm

posted by 新明天庵 at 00:30| Comment(0) | チェンマイ・ソンクラーン・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。