2018年03月19日

チェンマイなどの慰霊碑定期清掃で日曜の1日を過ごす!

20180320ireisaiM.jpg

 「慰霊祭実行委員の皆様へ」ということで、以下のようなメールが入ってきた。当日朝になって参加の電話連絡を入れて、参加させてもらった。・・・

 3月の定期清掃をお知らせ致します。ご参加が可能な場合、全行程の参加もしくは部分参加をメールにて3/16(金)までにご返信ください。
 日時:3/18(日)午前8時30分集合 〜夕方5時に終了予定(全行程)
【タイムスケジュール】
8:30 ムーンサーン寺院・慰霊碑前集合(市内発)
9:30 タイ・ビルマ方面戦病歿者追悼の碑 (バーンガードウィタヤーコム校内)
11:00 学校発
12:00 藤田氏慰霊塔※清掃後に近くのレストランにて昼食
16:00 ムーンサーン寺院・慰霊碑 ※志納箱を開けて寄付金確認
17:00 終了予定


 確か昨年12月に続いての参加。この慰霊碑清掃は、春の彼岸、年末、終戦記念日の前と1年に3回実施することになっているようだ。この実行委員会の公式ウエブサイトは以下を参照。
 https://chiangmai-memorial.jimdo.com/

 正直なところ、日照りの暑い日に戸外で清掃作業は遠慮して、冷房のきかせた快適な部屋に1日中籠って、日本の面白いTV番組の数々を見ていたいものだ。(私の庵では日本のTV視聴は不可だが不可だが)

 ところが、慰霊祭実行委員の末席に加えて頂いているので、他の優先すべき用事がない場合には、その職務(?)を全うする必要がある。でも、「わかっちゃいるけど・・・」というのが凡人の悲しさ、「行かない理由を“行けない理由”として自分でこしらえて行かない」・・・というのがしばしばある。

 どこかからの請け売りだが、「定年後に認知症にならないためには、キョウヨウ(教養?)とキョウイク(教育?)のある毎日を過ごすことだ」と。

 つまり、「今日(キョウ)用事(ヨウじ)があって、今日(キョウ)行く(イク)ところがある毎日が、認知症防止には必要」だということだろう。

 そうなんです。「1人孤独に部屋の中に籠っているくらいなら」、「テレビを捨てて町に出よう!」ということで、慰霊碑定期清掃に出掛けるのも悪くはないかと。

1.メーワーン郡のバーンガード中高校の慰霊碑清掃
20180320ireihiA.jpg
 鐘つき堂下の赤いブーゲンビリアが奇麗

20180320ireihiB.jpg
 赤い花咲く時計草

20180320ireihiC.jpg
 鐘つき堂から見る慰霊塔

  ・赤い花が咲く時計花が、竹製慰霊碑入口ゲートに飾り付けられています。来る8月15日の慰霊祭には、奇麗に咲きそろうのではないかと期待を持たせてくれます。

2.ランプーン県パサーン郡の故藤田松吉さんの建てた旧日本軍兵士の慰霊碑清掃

20180320ireihiF.jpg

20180320ireihiE.jpg
 慰霊塔を裏から眺めると国道に車が走る

20180320ireihiG.jpg
 国道から慰霊碑を眺める

  ・早く慰霊碑説明看板を立てたいものですが、その予算が不足していて、実現のめどが立っていないようです。
  ・私の意見ですが、道路からわかるように、慰霊碑横に日の丸とタイ国旗の両方を掲げておくのがいいと思うのですが。

3.チェンマイ市内ムーンサーン寺の慰霊碑と博物館の清掃

20180320ireihiH.jpg
 ウアライ通り東側にある案内板

20180320J.jpg
 右がウアライ通り
 黄色丸が青い案内看板
 左の矢印奥がムーンサーン寺

20180320ireihiI.jpg
 博物館建物の前が慰霊碑になっている

 ◎今回は、日本人男性7人(1人は後半だけ参加)とタイ人奥さん1にんの合計8人。やはり、もう少し人数がいると清掃がはかどるのですが。次回は、慰霊祭のある8月15日の前に行う予定。志ある方の1人でも多くの参加を期待したいものです。
posted by 新明天庵 at 12:00| Comment(0) | 手作りボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。