2018年03月13日

バンコクでも大気汚染悪化・PM2.5やAQIが環境基準値を超える!

 タイ天然資源環境省公害管理局によると、12日正午時点で、バンコクの広い範囲で、大気中の微小粒子状物質「PM2.5」が1立方メートル当たり69―86マイクログラムと基準値(1立方メートル当たりの24時間平均値50マイクログラム以下)を上回ったようです。以下に関連記事。・・・
 <バンコクで大気汚染悪化、ラマ4世通りなどで基準値超過
タイ天然資源環境省公害管理局によると、12日正午時点で、バンコクの広い範囲で、大気中の微小粒子状物質「PM2.5」が1立方メートル当たり69―86マイクログラムと基準値(1立方メートル当たりの24時間平均値50マイクログラム以下)を上回った。
 午後1時時点のバンコク都内の空気質指数(AQI)はバンクンティエン区のカンジャナピセーク通りで104、パトゥムワン区のラマ4世通りで101と基準値の100を上回り、「健康に影響がある」水準だった。その他の観測地点でも83―99と数値が上昇している。{《newsclip》2018年3月12日(月) 14時03分(タイ時間)配信を転載}

posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | チェンマイなどの煙害・パート2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。