2018年02月21日

相変わらずタイではバスの交通事故多し!

 タイでは路線バス、観光バスの事故が相変わらず多く発生し、その事故による死傷者も減らないようです。以下に関連記事。・・・

  <規制強化も効果なし? タイでバスの事故頻発
 タイでバスの事故が後を絶たない。タイ軍事政権は事故を減らそうと、運行前の車両点検、運転手の体調確認などを義務付けたが、その後もバスが衝突、横転する事故が連日発生し、規制強化の目立った効果は上がっていなようだ。
 20日午前6時ごろ、東北部ルーイ県の国道201号線で、大型路線バスがガードレールを突き破って逆さまに谷に落ち、休憩中だった運転手のタイ人男性(52)が死亡、バスを運転していた乗務員のタイ人男性(22)と乗客のタイ人女性6人の計7人が重軽傷を負った。バスは東北部コンケン県コンケン市からルーイ市に向かっていた。警察が事故原因を調べている。
 同日午後4時40分ごろ、東北部ウボンラチャタニ県で、荷台を客席に改造した旅客トラックとピックアップトラックが正面衝突し、旅客トラックに乗っていた生徒18人と運転手、ピックアップトラックの運転手の計20人が重軽傷を負った。ピックアップトラックが反対車線にはみ出たとみられている。
 同日午後9時ごろ、コンケン県の幹線道路で、乗客約30人を乗せた大型路線バスが横転し、乗客5人がけがをした。バスは東北部ウドンタニ県からバンコクに向かっていた。

 世界保健機関(WHO)がまとめた2015年版の交通事故に関する報告で、タイは2013年の人口10万人当たりの交通事故死者数が36.2人(WHO推計値)と世界で2番目に多かった。運転技術や安全意識の低さ、車両の整備不良などが事故を招いているとされる。{《newsclip》2018年2月21日(水) 12時12分(タイ時間)配信を転載}


posted by 新明天庵 at 21:00| Comment(1) | 地元紙・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
比較的と言う程度の差ですが、観光用などの貸し切りバスの事故が定期路線バスより多い様です。当局は先ず貸し切りバス事業の監督や規制を強化すべきです。いずれにせよバス事業や運転手の許認可のレヴェルを高くする必要があると思います。
Posted by 菅 久雄 at 2018年02月23日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。