2018年02月04日

4月ソンクラーン正月よりチェンマイ市内smart bus運行開始!

20180204busB.jpg

20180204busA.jpg
 クリックして再度クリックして拡大

 チェンマイのRegional Transit Corporation(RTC)会社は、5千万バーツを投入し、チェンマイ市内バス路線R3に10台のRTCのsmart busバスを投入し、今年2018年の4月のソンクラーン正月より運行すると発表。バスは最大50人乗りで、20分以内の間隔で運行し、バスの運行状況はGPSアプリによりスマホで確認できる。
 R3路線は、チェンマイ空港、ニマンヘミン通り、ファイケーオ通りなど繁華街通りを運行する(上記路線図参照)。なお、運行開始の4月ソンクラーンから15日間は無料運行サービスを行う予定となっている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2018/02/03)

posted by 新明天庵 at 16:00| Comment(1) | チェンマイ道路・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花祭りで久々にソンテウを使ったら30バーツと屋根に書いて有るのに一人40バーツを要求された。
バスならそういうことは無いはず。 しかし現れては消えるチェンマイ市内バス路線。
三菱ミニバスもしっかりメンテすれば15年20万キロは楽勝なはずなのに今は何処に行ったやら。
因みに赤線の片道ループなら途切れのない完全循環運転を望みます。
確か以前にも降りても其処から乗車地点に戻れない変なループで消えたはず。
Posted by チェンマイの名無しさん at 2018年02月06日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。