2018年02月02日

タイ・ひじハンドルでスマホのバス運転手に免停7日などの処分!

 タイ運輸省陸運局は2月1日、運転中にスマートフォンを操作したとして、国営長距離路線バス会社トランスポートの男性運転手に免許停止7日間、罰金5000バーツの処分を下し、安全運転に関する3時間の講習を受講させたようです。日本人から見ると乗客の人命軽視の“ゆるーい”処分に思えてなりませんがね。以下に関連記事。・・・

  <ひじハンドルでスマホ、タイ人バス運転手に免停7日
 タイ運輸省陸運局は2月1日、運転中にスマートフォンを操作したとして、国営長距離路線バス会社トランスポートの男性運転手に免許停止7日間、罰金5000バーツの処分を下し、安全運転に関する3時間の講習を受講させた。
 この運転手はバンコク発北部ピジット県行きのバスを運転中に、数分間にわたり、ひじでハンドルを押さえ、手でスマホを操作し続けた。乗客がその様子をスマホで撮影、フェイスブックに動画を投稿し、危険運転が発覚した。
 世界保健機関(WHO)がまとめた2015年版の交通事故に関する報告で、タイは2013年の人口10万人当たりの交通事故死者数が36.2人(WHO推計値)と世界で2番目に多かった。運転技術や安全意識の低さ、車両の整備不良などが事故を招いているとされる。{《newsclip》2018年2月2日(金) 11時30分(タイ時間)配信を転載}


posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(0) | チェンマイ道路・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。