2017年12月30日

関西空港内無料宿泊で夜を明かす究極のサバイバル作戦?

20171028kansaiB.jpg
 無料宿泊でのベッドですがね?

 関西空港で朝早い国際便の出発の場合、あるいは深夜便で関西空港に付いた場合、空港内で一夜を明かす“サバイバル”の方法を紹介。まあ、興味関心のある方だけお読みください。・・・

 まず、寝る場所の確保ですが、当然待合所の連結椅子席に。うまいぐあいに、4つの椅子の連結待合席は、大人でも体を伸ばしてゆったりと寝ることが可能。

20171028kansaiD.jpg
2Fのファミリーマート前の無料ベッドですがね?

 従って寝る場所は1Fでも2Fでも4Fでも可能。寝心地としては、シートが柔らかい2Fと4Fの席がベスト。1Fのは席と席のつなぎ目が少し凸になっているので、タオルや週刊誌を敷いてなるたけ平らにしたほうがよいかと。

 ところが実際に仰向けに寝てみると、天井の照明が明るく照らしていて眩しいくらい。これには、機内に用いる目隠しマスクがあると便利。なけりゃ、タオルでも目にかぶせても構わない。比較的天井が暗いのが、2Fのコンビニ・ファミリーマートの左側奥の赤い色の座席シート席のようだ。

 ちなみに、10月末では、空港内で寝ても少し肌寒い程度で、寝てジャンパーなど厚手の服をかぶれば寒さを感じることなくほぼ安眠できるかと。寒がりの方は、キャンプ用の寝袋を持ってきて、その中に入って寝ればほぼ完璧(?)なホームレス(そういういい方は失礼だろう!)。

20171028kansaiG.jpg
24時間営業の無料宿泊者のための(?)コンビニ!

20171028kansaiE.jpg
 絶品の100円コーヒーもあり!

 次に、2Fには24時間営業のコンビニのファミリーマートがあり、これは空港で夜を明かす人のためにあるようなもの(?)。もちろん、100円レギュラーサイズホットコーヒーもあり、空港内の朝の目覚めのコーヒーも楽しめます。

20171028kansaiF.jpg
コンビニでも5000円以上お買い上げは免税です!

 各種カップ麺なども揃っており、店内には熱湯の入ったポットもあるので、購入して熱湯を入れて持ち出し、椅子席に持って行って、アツアツのラーメンやうどんなども食べられます。カップ麺の値段が市内のスーパーよりかなりかなり高めなのが難点かと。

 経済的にカップ麺などを食べたいならば、あらかじめ購入したのを持ってきて食べることもできます。さすがに、コンビニ店内のポットには、「店内で購入した方のみの利用に限ります」との注意書き。

20171028kansaiA.jpg
 97℃の無料熱湯給水機もあるでよ!

 でも、1Fの待合所には冷たい水と97℃の熱湯の給湯無料サービスコーナーがあり、そこで持参したカップ麺にお湯を入れれば食べられるかと。ただし、箸を一緒に持ち込むのも忘れないように。

20171028kansaiH.jpg
 スマホやノートPCの充電も可能

20171028kansaiI.jpg
PC利用カウンターにもUSB充電差し込み利用無料

20171028kansaiJ.jpg

 そして、暇つぶしに最適のスマホとノートPCのインターネット利用ですが、“関空のパスワードなしのWi-Fiフリー”が適度なスピードで楽しめるようです。登録すれば、大阪Wi-Fiフリーも利用できます。LINEでの無料電話、フェイスブック、メール連絡、ネットサーフィンなど快適にできる。ので、眠るのを忘れて、ついつい熱中してしまいそうです。

 関西空港もLCCの乗り入れが増加傾向。それにともなって、到着が深夜以降、出発が早朝という“不便な便”も増加傾向。しかし、最初から空港内で無料宿泊することを考えておけば、到着出発が不便な時刻の格安LCCの利用もあまり苦にならないのではないだろうか?まあ、さすがに老人にはきつすぎるかもしれないのだが?

20171028kansaiK.jpg
 早朝営業店舗表示看板

 空港内も朝の6時過ぎにもなると、乗降客が出てきて徐々に賑わいだす。この日は、早朝便で到着した数人のタイ人女子グループが1F到着ロビーでなにかとウロウロしている。どうやら日本の携帯電話会社の外国人観光客向けWiFシムカード自動販売機を前に、なにやら困っているようだ。

 タイ人となると助け舟を出してあげたくなる。15日以内のビザ不要の日本旅行なのだから、値段が高いシムカードを買わなくても、日本を訪れる外国人旅行者用のJapan Connected-free Wi-Fiのインストールを勧めた。

20171028kansaiL.jpg

 とは言ってもよくわからないので、既にインストールして利用している娘に彼女たちのスマホにJapan Connected-free Wi-Fi(タイ語説明もあるので便利)してあげるようにした。とりあえずはそれを利用してみるように告げた。まあ、free Wi-Fiポイントでしか利用できないのだが、毎年そのアクセスポイントが増えてきており、旅行ならば、それで間に合うこともある。

 チェンマイなどタイ在住の日本人が一時帰国する場合に、AIS会社の「FLY2」(8日間なら4GB・399バーツで日本のソフトバンクと提携)が定番になっている。周囲のタイ人で日本旅行する方がおられたら、無料のJapan Connected-free Wi-FiとAIS会社の「FLY2」の2つを事前に教えてあげたいものです。



posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(3) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関西空港のアエロプラザ(空港ターミナルから駅の建物を突っ切ってその先にある建物。第2ターミナル行きバス乗り場/日航ホテルなどがある建物)の2階に「休憩室」という大きな待合室があります。ここは、関空の夜明かし場所としてとても有名ですよ。
夜11時に無料の毛布貸出もあります。(枚数に限りがありますので早めにどうぞ。
もちろん無料Wifiもありますし、電源もたくさんあります。
管理人さんもいるので、最低限の安全は確保されています。
出入口の向かいにはローソンもありますし、有料のシャワー室もあります。
ガイジン旅行者にもよく知られている場所なので、多くのガイジンもいます。
次回はぜひここで「快適な夜明かし」を堪能してください!!!

※「関空 夜明かし」などで検索すればたくさんヒットしますよ。
Posted by 関空の夜明かし場所 at 2017年12月30日 11:42
3年ほど前に、空港のマッサージの畳の部屋で夜明かしをしたことがあります。
1000円ぐらいだったと記憶しています。
でも、だめです。
体調が2日ほど悪かった。
ましてタダの椅子では、ムリムリ。
60を超えた爺さんにはムリ。
若いころは旅行中、駅で寝たこともあったのですが。

エアアジアが関空に着くのが2年程前に比べて早くなったので、
余裕で南海電車に乗れるようになった。
以前は関空で走らないと、最終列車に間に合わないこともあった。

今は市内まで深夜バスも運行している。

新今宮の安ゲストハウスも深夜までチェックインができるようになった。

夜中の12時ごろに新今宮につくと、
バンコク発のエアアジアで来た多くのタイ人がスマホ片手にうろうろしている。
Posted by タイブログランキング at 2018年01月02日 05:18
羽田空港の連結椅子は、去年あたりから
2席毎に手摺りが固定され、深夜仮眠組が
激減致しました。
膝を折り曲げて、手摺りを跨ぎ
工夫しながら寝るツワ者もおりますが、
翌朝の筋肉痛は避けられません。また空港での
深夜仮眠は、警察官が24時間体制で頻繁に
巡回しているので、治安は抜群に良いと
思います。            
Posted by 旅人 at 2018年01月02日 15:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。