2017年12月20日

チェンマイ庵田舎・最低気温11.6℃でこの冬1番の冷え込み!

20171220ondo.jpg
 庵の”最高最低記録デジタル温度計”

 昨夜はさすがにいつもと違って庭の空気が冷たい。のみならず、寝ようとすると、窓からスースーと冷気が入ってくるではないか。「これは寒くて安眠できぬ!」と、窓を閉める。はずだが、庵の外に出て部屋の外から窓を閉めなければならないので(窓に泥棒除けの鉄格子があるので)、面倒臭いのでカーテンを閉めることに。・・・

 厚手の生地のカーテンなので、それを閉めると冷たい夜気の入り込みを遮断できる。そして、この冬に入って初めて冬用パジャマを着こんで、靴下も履いて、毛布と掛布団の2枚重ねの中に潜り込んで寝る。

 この冬1番の冷え込みも万全の防寒体制で安眠。朝方に目覚めてデジタル温度計をチェックすると、最低気温が昨日の17.0℃から一気に5.4℃も急降下してなんと11.6℃。もちろん、この冬の最低気温を記録したことに(上記写真参照)。

 ちなみに、日本の故郷である福井県南越前町では最低気温が未明の1.3℃で、積雪が30センチ以上のようです。これからみたら、最低気温が11.6℃など“暖かいですね!”となるに違いない。

20171220ondoA.jpg
 福井の故郷の10月27日早朝気温

 そして、上記の写真は日本に一時帰国した10月27日の早朝、福井の南越前町の自宅近くの温度です。10月なのに最低気温が1ケタ台の9℃なんですよ。こうなると、田舎庵のこの冬の最低気温11.6℃など・・・そう・・・“暖かい朝ですよ!”となります。

20171220ondoB.jpg
 12月20日午前5時27分

 ちなみに、タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局によると、「วันที่ 20 ธันวาคม 2560/ดอยอินทนนท์ อำเภอจอมทอง จังหวัดเชียงใหม่/อุณหภูมิต่ำสุดเช้านี้  -2.0องศาเซลเซียส」とありますように、本日12月20日朝のタイ最高峰(2565メートル)ドイ・インタノン山頂ではマイナス2.0℃を記録したとのことです。

20171220ondoC.png

 タイ最高峰とはいえ、タイで気温が氷点下になることは滅多にないので、これは記録的な最低気温といえるのでしょうね! でも、タイで雪は絶対に降らないかと(たぶん)。

posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(0) | 気候や季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。