2017年11月29日

相変わらずタイの野菜果物には基準値超える残留農薬の危険?

 タイの消費者団体「タイランド・ペスティサイド・アラート・ネットワーク(タイPAN)」は11月21日、市場、スーパーなどで販売されていた野菜、果物の残留農薬の調査を8月に実施し、サンプルの多くから基準値を超える農薬が検出されたと発表したようです。以下に関連記事。・・・

  <野菜・果物から基準値超の残留農薬 タイ消費者団体調査
 タイの消費者団体「タイランド・ペスティサイド・アラート・ネットワーク(タイPAN)」は21日、市場、スーパーなどで販売されていた野菜、果物の残留農薬の調査を8月に実施し、サンプルの多くから基準値を超える農薬が検出されたと発表した。
 デパート3店、スーパーマーケット4店と北部チェンマイ県、東北部コンケン県、中部パトゥムタニ県、西部ラチャブリ県、南部ソンクラー県の市場計9カ所で、野菜9種類、果物6種類の計150サンプルの調査を行った。
 ジュウロクササゲ(十六大角豆)とカイラン(芥藍菜)、ツボクサは10サンプル中9サンプル、カミメボウキ(ホーリーバジル)、ドラゴンフルーツ、ブドウは10サンプル中7サンプル、パパイアは10サンプル中5サンプル、チャオムとヤサイカラスウリは10サンプル中4サンプル、赤唐辛子は4サンプル中1サンプル、バナナは10サンプル中1サンプルから、基準値を超える残留農薬が検出された。 キャベツは10サンプル中2サンプルから基準値内の残留農薬が検出された。
 残留農薬が検出されなかったのはパイナップル、ココナツ、ハス。タイPANは調査を行った市場、店舗の詳細を明らかにしていない。{《newsclip》2017年11月29日(水) 12時12分(タイ時間)配信を転載}

 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 11:00| Comment(2) | 食の危険と安全性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チェンマイの市場でも最近はEM菌発酵肥料による有機無農薬農法をウリにしている店が増えてて、
そういう所を選んでますけど、ホントかどうかは分からない。
残留農薬を消費者が簡単に調べられる方法ってあるのかしらん。
Posted by チェンマイの名無しさん at 2017年11月29日 23:16
ボール一杯の水にベーキング・パウダー小さじ一杯の水に1分間につけると農薬が落ちると言われています。長く漬け過ぎると味が落ちますから、後は水洗いします。
Posted by 菅 久雄 at 2017年12月01日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。