2017年11月13日

侵略的外来種の肉食プラナリア、チェンマイ県などタイ各地で発見報告

20171113newsA.png
 侵略的外来種の肉食プラナリア

 以下に動画や関連記事。・・・

 ◎発見を伝えるニュース番組
 https://youtu.be/2KTpZefQiI4

  <侵略的外来種の肉食プラナリア、タイ各地で発見報告
 タイのテレビ報道によると、国際自然保護連合が選定した「世界の侵略的外来種ワースト100」のひとつであるニューギニアヤリガタリクウズムシがタイ各地で発見され、懸念が強まっている。ニューギニアヤリガタリクウズムシは体長4―6・5センチの陸生プラナリア。肉食でカタツムリ類を捕食する。広東住血線虫の中間待機宿主で、人間も経口感染する。
 9日までに、バンコク、中部パトゥムタニ県、東北部コンケン県、ルーイ県、ナコンラチャシマ県、ウボンラチャタニ県、東部チョンブリ県、北部チェンマイ県などで発見された。{《newsclip》2017年11月12日(日) 22時17分(タイ時間)配信を転載}



posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | チェンマイでの病気・治療・病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。