2017年10月31日

タイでは雨期明け宣言後もタイ中部で河川氾濫の水災害続く!

 タイ気象局は24日に雨期明けを宣言したが、一部地域ではその後も雨が降り続き、河川がはん濫しているようです。また、タイ気象局はタイ南部で31日から11月3日にかけ強い雨が降る恐れがあるとして、警戒を呼びかけているようです。以下に関連記事。・・・

  <雨期明け宣言も… タイ中部で河川はん濫、南部で大雨警戒
 プラユット首相は30日、中部アントン県の洪水被災地を視察した。首相は被災地の住民に支援を約束。プミポン前国王の葬儀の終了を受け、洪水対策に全力で取り組むと表明した。
 タイ気象局は24日に雨期明けを宣言したが、一部地域ではその後も雨が降り続き、河川がはん濫。30日午後6時時点で、チャオプラヤ川流域の中部アユタヤ県で約3・7万世帯、ナコンサワン県で約1・6万世帯、ヨム川とナーン川流域の北部ピジット県で約1・2万世帯が被災している。タイ気象局は30日、南部のチュムポン県、スラタニ県、ソンクラー県、プーケット県、パンガー県、クラビ県などで31日から11月3日にかけ強い雨が降る恐れがあるとして、警戒を呼びかけた。{《newsclip》2017年10月30日(月) 23時24分(タイ時間)配信を転載}


 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | 気候や季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。