2017年10月12日

JLチェンマイFC・またしても伊藤卓選手のゴールなどで快勝!(2)

20171012JLCMb.jpg
  応援の旗振りコンビです?

 試合の行われている競技場の向こう正面の屋根なし階段席40バーツ。そのちゃちな入場券を片手に、前半戦も半分くらい終えた時間帯に入場。階段通路を上って席に行くのだが、前回同様に、切符切りの係員の姿がないではないか?・・・
 T4の最下部リーグとはいえ、プロリーグの試合なので、40バーツ(約140円)と安いのだが入場券を発売。でも、試合が始まると、切符切りの係員がいなくなり、入場券などなくても自由に観覧席に入れるではないか?

 実際に、私が階段前で逡巡して立ち止まっている間に、通路階段を見上げて入場していく人が1人、また1人と続く。「試合開始後の途中入場なら、わざわざ入場券買い求める必要などないのかな?」と思うが、これも“マイペンライ(まあ気にしない)のタイ”なのでしょう。

 コンクリートの階段観覧席は、大事な一戦とファンもわかっているらしく、前の試合とは違って8割方の席が埋まっている感じ。先に来ていた同じ熱烈サッカーファンのYさんの横に陣取る。

 「相手に1点先取されていますよ!」とのこと。少しだけ座って大人しく(?)観戦。やはり、今夜の相手はミスの少ないパス回しなど、なかなか手強い相手だと私でさえわかる。しかし、確か前半終了前に、相手の反則でペナルティーキックを得て、しっかりとゴールを決めて1対1の同点で前半を終える。

20171012JLCMa.jpg

 後半からはTAKU選手の奮起を期待して、観覧席てっぺんの掲揚台の上に立って、持参の日の丸旗を振っての応援。この高い台の上だと、旗を振っても観覧席の人が旗で試合が見えないなどの迷惑はまったくない。

20171012JLCMc.jpg

 試合経過だが、後半に入るとJLチェンマイFCの攻撃シーンが多くなり、2点目、そしてがTAKU選手が3点目、またもや相手の反則でペナルティーキックを得て、それを決めてダメ押しの4点目で試合終了。終わってみればJLチェンマイの快勝に。

 今回の観戦で強く印象に残ったのは、TV観戦でのサッカーと大きく違って、常にサッカー競技場全体を見ながらの観戦なので、選手全体の動きが大変よくわかるということ。

 大きな規模でもない市営の競技場なので、観覧席とプレーしている選手の距離が近く、お茶の間TV観戦と違って迫力があるということ。

 ゴールアシストと直接のゴールが仕事のフォワード(F)や、ミッドフィルダー(MF)の選手は、相手選手のラフプレーでしばしば倒されるということ。左のMFのTAKU選手も何回も倒されながらも、立ち上がってはプレーを続けていた。

 ボールをキープしている選手に、スライディングして倒してでもボールを奪わなければならぬ。サッカーも格闘技の側面を有している。倒されてもケガをしないようなタフな身体に鍛えておかないと、プロのサッカー選手として通用しないようだ。

 試合終了後しばらくすると、観客席にほぼ誰もいなくなってしまった。グランドに降りてこないように見張っていたも立ち去った。それなのに、日本人のおっさん2人が、隙あらばグランドに降りようと、その機会をうかがっているではないか。

 「この日の丸旗を肩に担いて、グランドの中を歩いて行っても・・・日本人のTAKU選手のお友達だと見てくれるだろうから、さあTAKU選手のところにいきましょうや!」と、1人のおっさんが気合を入れる(?)。

 ということで、日本人のおっさん2人が、正面スタンド前で集まっている選手や役員の中に紛れ込む。関係者でないと追い返されると思いきや、日の丸を担いでいたのでTAKU選手の知り合いと勘違いされて(たぶん)、なんとチームの役員から握手を求められることに。

 握手求められるのは嬉しいのだが、肝心のTAKU選手の姿が見当たらないではないか。疲れたので、早々と選手控室に戻ったのであろう。一応、役員らしき男の人に、TAKU選手の所在を尋ねてみることに。

 すると、その役員の男の人は、「TAKU選手ならこっちにいますよ!」となどと言いながら(想像ですが)、紛れ込んできた日本人のおっさん2人を案内するではないか?

 案内された先はやはり選手控室。案内してくれた男の人が、「TAKU!TAKU!」と大声で呼ぶ。すると、上のユニフォームを脱いだばかりで上半身裸のTAKU選手が、2人のおっさんの前に出てきたではないか。

20171012JLCMd.jpg
 TAKU選手とお邪魔虫おっさん!

 まあ、招かれざるサポーターのおっさん2人だが、TAKU選手はそのおっさん2人の顔を覚えていてくれたようで、少しばかり話すことができた。勝ち試合に奮闘したTAKU選手の健闘を、握手を交わして称え、次の試合も頑張ってくださいと励ます。

 今回の試合はフル出場でかなり疲れたような表情が丸見え。あれこれ聞きたいのを断念して、おっさん2人は控室を去った。「いやいや!このチームの人はフレンドリーでびっくりしましたよ!」と感動するおっさん。

 こういう嬉しいハプニングが起こるだけに、JLチェンマイFCのTAKU選手の応援にもますます力が入るというものです。どうですか?一緒にTAKU選手の応援に行きませんか?

 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | チェンマイ・サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。