2017年10月11日

タイのプラユット首相・総選挙は来年2018年11月に実施見通しと発表!

 タイ軍事政権のプラユット首相(元陸軍司令官)は10日、民政移管に向けた議会下院(定数500)総選挙について、2018年6月に投票日を発表、同年11月に投票が行われるという見通しを示したようです。以下に関連記事。・・・

  <タイ軍政首相 「総選挙は18年11月」>
 タイ軍事政権のプラユット首相(元陸軍司令官)は10日、民政移管に向けた議会下院(定数500)総選挙について、2018年6月に投票日を発表、同年11月に投票が行われるという見通しを示した。また、時機を見て政党活動禁止の緩和を検討すると述べた。
 2014年5月のクーデターでタクシン元首相派の民選政権を倒して発足したタイ軍政は政党や個人の政治活動を全面的に禁止し、軍政を批判したり、反軍政デモに参加した人を逮捕、訴追してきた。下院総選挙については、当初、2015年に実施するとしていたが、その後、何度も日程を延期している。
 軍政が作成し、今年4月に施行された新憲法では、国会は上院(定数250)と下院の2院制で、非議員の首相も認める。2大政党制を狙った1997年憲法の選挙制度改革が軍政の宿敵であるタクシン元首相の台頭を許したとみて、公選制の下院は大政党が不利となる選挙制度に変更。上院は憲法施行から5年間、軍政が議員を選任する。軍・特権階級が上院を通じて国会の3分の1を自動的に抑えることから、下院選後、軍主導の政権が発足し、プラユット首相が続投する可能性があるとみられている。{《newsclip》2017年10月10日(火) 15時59分(タイ時間)配信を転載}


 ◎決定でなく“見通し”のようですから、軍政に何か都合が悪いことが出てきたら、再来年2019年に延期というのも十分考えられるかと?

 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(0) | 気になる話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。