2017年09月30日

チェンマイで冬季の到来を思わせる21.9℃の寒い朝!

20170930skyB.png

20170930skyA.png
 チェンマイは日本と同じ高気圧の影響下?

 昨夜は、「扇風機は止めないと寒いでー!」と、雨季に入ってから最も涼しい夜に。寝る時には、日本から持ってきた冬用パジャマを着こんで、掛布団を被ることに。そして、目覚めてから、今朝方の最低気温をチェックすると“21.9℃”まで下がっているではないか?・・・

 ひるがえって日本では「9月29日は東京都心でも今シーズン一番の冷え込み。全国でも、北海道や長野などで、氷点下や初霜を記録するというこの秋で1番の冷え込みとなった」とのこと。

 同じ日の日本の強い冷え込みと、チェンマイの冷え込みとは偶然の一致か? 上記の2つの天気図でわかるように、日本列島と北タイのチェンマイに冷え込みをもたらしたのは、なんと同じ高気圧の寒気団の影響だとわかる。

 温帯日本と熱帯チェンマイは遠く離れているのだが、冬季に関しては同じ中国大陸の高気圧の寒気団の影響下に入る場合が多くなるようだ。大雑把にいえば、日本が冬に冷え込めばなれば、チェンマイも同じく冷え込むということであろう(たぶん)。

 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(1) | 気候や季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり気温が下がったのですね。ゆうべは夜中に寒くて被り物を探しました。起床して夏パジャマの上にカーデイガンを羽織ってます。
Posted by 菅 久雄 at 2017年09月30日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。