2017年09月23日

コムロイ大量打ち上げ“Yeepeng lanna international 2017”を無料で見学だ!



 “世にも美しい満月の夜の光の一大ページェント”ととして、世界的に有名になったのが、チェンマイのメージョー大学裏付近の新興宗教施設Lanna Dhutanka(ธุดงคสถานล้านนา)で行われる、コムロイ数千個の一斉打ち上げ儀式。・・・

 当初は、宗教儀式だけに入場門でいくらかの布施(20〜100バーツ)を払うと、1人1個のコムロイを渡されて、一斉打ち上げに誰でも気軽に参加出来た。

 ところが、その一斉舞い上げの時の写真や動画が人々の目に触れて、おもに外国人観光客がツアーを組んで大量に訪れることに。そこで、その新興宗教施設と地元ツアー会社が組んで、地元民をシャットアウトしての高額特別イベントとして囲い込んでしまうことに。

 さすがに、その時には地元新聞でさえ「伝統イーペン行事のコムロイ打ち上げを、庶民を締め出して金儲けに走っている」と非難。でも、新興宗教施設にもツアー会社にも“濡れ手に粟”の金儲けで、参加者人数を減らすなどして続行。

 ということで、今年もツアー会社は募集に躍起。とあるツアー会社では混載送迎付き(日本語ガイド)で1人1万7千円以上、チケットだけなら1人1万5千円以上などとなっている。

 高額にもかかわらず人気があり、もう、締め切ったところがほとんどではないでしょうか。そうなると、何でもそうだが、さらなる高値で売るダフ屋が横行することに。

 「不正や腐敗の摘発一掃」を政策目標に掲げているプラユット軍事政権。チェンマイ市民がYeepeng lanna internationalの中止や廃止を軍事政権に請願しようものなら、開催も危ぶまれるかも?・・・なんてことは“考え過ぎ”だとは思いますが。

 さて、有り得ないような悲観的な話はそれまでとして、やはり「Yeepeng lanna international」を見たいですよね。すると、私の知り合いの日本の方が、驚くべきことを教えてくれた。

 「あー!あのメージョー大学近くでの凄く奇麗な一斉打ち上げですか? 私ら近所のタイ人と、あの打ち上げ近くまでピックアップトラックで出掛け、適当な場所で車の荷台から飲み食いしながら、一斉打ち上げを見物しますわ!」

 「確かに少し離れての見物ですが、それでもあの一斉打ち上げの迫力は十分楽しめますよ。なにせ、無料で見物ですから。毎年なるべく早く出掛けていかないと、見物する場所取りが大変ですわ!」

 ということで、今年こそは無料で“イーペン・ランナーインターナショナル”を見学する計画を立てている。その計画だが、その知り合いの日本の方に詳しく教えて頂き、具体的に詰めの作業に入りたいものだ?(場所取りを早くするだけで計画を立てるような話でもないか?)



 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | チェンマイ・ロイクラトン・2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。