2017年09月13日

TAKU選手の活躍するJLチェンマイFCを初観戦!(3)

20170913footballA.jpg
 TAKU選手!この日の丸が見えるか?

 さて、バッグからおもむろに取り出した秘密兵器とは? 北朝鮮が開発したICBM・・・ではなくて、日の丸の旗にそれを掲げる折り畳み釣竿(わざわざ日本から持ってきた)。・・・

 日本人選手のTAKU君を、“チェンマイくんだりまで流れてきた(?)同胞”として応援するならば、そりゃ日の丸を振るのが1番の励みではないでしょうか。(そうだと勝手に決めつけるのは良くないですよ!)

 その日の丸だが、まずはグランドで熱き闘いをしているTAKU選手に見てもらわないと、振っている意味が半減する。彼に日の丸が揺れているのを気付いてもらうには、観覧席の最も高い旗振り台に登らないといけない。

 それに、すでに人気MF選手としてJLのファンによく知られているTAKU選手。彼がサムライ日本人選手だということを、日の丸を振ることによって、観客席の地元ファンに少しでも知って欲しいこともある。

 日の丸持ってそこに登ると、すでにチェンマイFCの試合でもおなじみの旗振りおじさんが、ここではJLチェンマイの大きな旗を見事な腕さばきで振っている。大きく結構風圧のかかる旗なのに、本当に軽々と左右に波打って振るのですよ。

20170913footballB.jpg
 タイ人ファンが一緒に写真を撮ってくれとさ!

 お断りしておきますが、何も私が目立ちたくて、日の丸を振るなどという“不純異性旗振り交遊”にしゃしゃり出ているのではありません。できたら、私の代わりに、どなたか目立ちたい日本の方に旗を振ってもらいたい。

 そんなでしゃばり(?)日本人が、今のところおられないようなので、致し方なく私めが“恥かしながら”旗振り役を演じています。それにしても、旗振り高台からの試合を眺めるのも悪くはない。

 旗を左右に振りながら、1人ぽつんと座って観戦するYさんを眺め降ろすと、「あれ?Yさんの近くの階段席に座った若い女性のあのユニフォームは何だ!」となった。

 今日の試合では青色のユニフォームだが、彼女のユニフォームは赤系統で、背中にはなんと「TAKU・14」が目立つように記してあるではないか?日の丸を振ってTAKU君の応援もいいのだが、彼女はなんとTAKU選手の名前入りユニフォームを買って応援しているではないか。

 さすがにこれには脱帽。旗振りなど呑気なことをやっている場合ではない、旗振りを休止して、早速その彼女の所に直行。さっそくインタビューの開始。

 「サワディーカップ。ねーちゃーん・・・日本人のTAKU選手しっちょるかね? おー、やはりしっちょるかねー!」というふうな“雰囲気”での馴れ馴れしいインタビュー。

 私は日本人で同じ日本人のTAKU選手を応援に来たことを、日の丸の旗を見せて説明する。でも彼女に見せた日の丸の旗だが、他の多くのタイ人同様に“それが日本の旗”だとはわかっていないようだ。

 このことは特に在住日本人は知っておく必要がある。在住日本人ならば誰でもタイの国旗はお馴染み。だが、日本の大阪府民の大半がタイの国旗など知らないように、チェンマイ県民などほぼ100%が日本の国旗など知らない。この事実を知っておいた方が、日タイ相互理解にいいであろう。

20170913footballC.jpg
 TAKUのユニフォーム姿のJちゃんです!
 横のおじさんはお邪魔虫で無視して下さい!

 1人ぽつんと観戦していたYさんも交えて、なんで14番TAKU君のユニフォームを着ているのかと厳しく追及することに。そうしたら、「こんなことは試合後に直接会って話すTAKU君に問いただしたら・・・かなりヤバいだろう!」との意外な展開に。{続く}

 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 16:00| Comment(0) | チェンマイ・サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。