2017年09月13日

タイ首相・最低賃金2倍以上の大幅アップは無理と発表!

  <タイ首相、最低賃金大幅アップ無理
 タイの労働団体が法定最低賃金を現行のほぼ倍の1日600―700バーツに引き上げるよう求めたことに対し、プラユット首相は12日、急激な賃上げは投資家を遠ざけるとして、現状では困難という見方を示した。首相は経済が発展すれば賃金は上がると主張。労働者側も技能を向上させる必要があると指摘した。{《newsclip》2017年9月13日(水) 00時27分(タイ時間)配信を転載}


 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 02:30| Comment(1) | 地元紙・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
投資家っていうか、先に企業を遠ざけますね。
田舎で600バーツだと倒産や廃業が相次いで、新しく起業を考える人すら皆無になるでしょう。

だって、人間のクオリティーを考えて見てくださいよ、まず遅刻しないとか真面目にタイムカード押すとか、ドタキャン的な無断欠勤しないとか、ね?

見つかれば泣いて誤魔化して、それを上司が認めたりする慰め文化もあるし、
また個人的に重要度が増すにつれてワザと逆ギレしたりして退社を匂わして、平気で雇い主に圧力を掛ける力技重視の風潮。
悪いものが出来上がっても労働者を気遣うあまり、そのまま検品を通して客に我慢させようという流れ、そんなのぜーんぶ賃金が安いからまかり通ってたわけで、まずはそんな横暴を無くしてから要求しなさいよと思いますがね(# ゚Д゚)
言ってて空しくなりました…
Posted by なんだかなぁ at 2017年09月13日 14:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。