2017年08月10日

タイ入管、10月から出入国カードの形式変更での“廃止・簡略化”は見送り!

 タイ入国管理局は外国人用出入国カードの形式を10月1日から変更するが、記入事項にほとんど変更はなく、小幅の変更にとどまる見通し。以下に関連記事・・・

  <タイ入管、10月から出入国カードの形式変更 廃止・簡略化は見送り
 タイ入国管理局は外国人用出入国カードの形式を10月1日から変更する。記入事項にほとんど変更はなく、小幅の変更にとどまる見通し。

 現行の出入国カードは名前、生年月日、国籍、パスポート番号などのほかに、年収、職業、タイでの住所、団体ツアーかどうか、初めてのタイ旅行かどうかなどの記入欄があり、「細かすぎる」、「時代遅れ」などとして、外国人の間で評判が悪い。

 バンコクのスワンナプーム空港、ドンムアン空港の出入国審査の待ち時間が長いのは煩雑なカードが一因という指摘もあり、一部の近隣国と同様にカード自体を廃止すべきという声もあった。

 しかし、タイ観光スポーツ省が、現行のカードから得られる情報が旅行動向の分析に有用と主張し、廃止や記入事項の大幅な簡略化は見送られた。{《newsclip》2017年8月10日(木) 01時20分(タイ時間)配信を転載}


 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(0) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。