2017年08月09日

タイのプラユット首相・事実上の全権を与える暫定憲法44条発動相次ぐ!

  <超法規的権限を発動、部外者を国立大学の役員に起用
 プラユット首相はこのほど、憲法の規定された超法規的権限に基づいて国立大学の役員に大学関係者以外を起用することを許可した。国立大学では、役員の選出でトラブルが大学の運営にまで影響することがあり、この問題を解決すべく部外者を役員として採用することを可能とした。
 なお、現政権の後ろ盾である国家平和秩序評議会(NCPO)議長(プラユット首相)に超法規的権限を付与することは、2014年5月のクーデターに伴う憲法廃止で制定された暫定憲法に規定されていたもので、現行の新憲法にも引き継がれている。{バンコク週報ウエブ・09/08/2017配信を転載}


 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | 気になる話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。