2017年08月07日

チェンマイ戦没者慰霊祭実行委員会による旧日本軍戦没者慰霊碑清掃(2)

 <バーンガード中高校内の戦病没者追悼の碑

20170806bangadoA.jpg

 ここは鐘楼もある立派な慰霊碑。この慰霊碑は、行き倒れや病死した旧日本兵の遺骨を葬った井戸の上に立てられている。だが、今回は、その井戸を覗き見できる石蓋が紛失していた。また、作り直す必要があるだろう。・・・


 ここにきて思い出すのは、急逝するまで毎年のように8月15日のここの慰霊祭に出席されて、辛かったインパール作戦の体験談を語ってくれた故木田敏男氏。御高齢にもかかわらず、炎天下でも直立不動で静かに語るお言葉に、じっと聞き入ったものだ。

20170806bangadoB.jpg

 忘れもしない、木田さんは春の彼岸が誕生日で、ささやかながらチェンマイ福井県人会として「92歳の誕生祝い」(ココを参照)をさせて頂いたことを。

20170806bangadoC.jpg

 その折に、一緒に誕生祝にかけつけてくれたKさんと一緒になって、「今年の夏のバーンガードの慰霊祭にも必ず出て、インパール戦のお話しをぜひお願いしますよ! ただし、木田さん・・・これまでした話とは“違った話”でお願いしますよ!」と、木田さんに注文したものだ。

 それに対して、おだやかな口調で「わかりました。今年もお話しします」と、ひと言で答えてくれた。それから、3ヶ月余りの6月17日に急逝されて帰らぬ人に。

 あれから、4年の歳月が流れ、バーンガードの慰霊碑敷地にある鐘楼の壁が塗り替えられ、名前のタイルがリニューアルされて奇麗になっている。

 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 10:30| Comment(0) | チェンマイのイベント・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。