2017年08月02日

チェンマイイミグレ・90日届けで90日過ぎてもOK?

 1年滞在許可のビザを持っていようが、ビザの種類に関係なく、タイという国に“90日以上連続して滞在”する外国人は、イミグレに“90日届け”をしなければならない。違反した場合にはなんと5000バーツ以下の罰金。こんな単なる“届け出忘れ”で5000バーツ以下の罰金は、誰もが避けたいのは言うまでもない。・・・

 この面倒な“90日届け”であるが、以下の3つの方法があるようです。”届けでない”方法は有り過ぎて割愛します(?)。

 1.直接近くのイミグレにパスポート持参で行き、“90日届け”の書類に記入して、パスポートと、その必要ページのコピー(顔写真のページ、出入国カード貼付のページ、最近の入国スタンプのページ、有効ビザスタンプのページ、TM30貼付のページを揃えれば完璧かと。必要ないページのコピーがあれば返却してくれるかと)を揃えて係の窓口に提出。これはもちろん無料です。


 2.管轄のイミグレまで距離的に遠い方などには、必要書類と返信用封書を入れての郵便での“90日届け”。時として、郵送してから2週間余り過ぎてから、イミグレからOKの書類が届く場合もありうる。返信用封筒が実際に届くまでは、ちょっと不安な毎日かも?

 3.タイのイミグレのウエブサイト(ココをクリック)より、「そんな気軽な方法で済ましてええのかいな?」と首を傾げたくなるインターネットでの“90日届け”。

 これは実に曲者で、その申告ウエブサイトが突如閉鎖されたり、突如再開されたり“イミグレ・キマグレ”を地で行くエエ加減さ。

 最近また突如再開されたようで、その詳細が「チェンマイ独居老人の華麗なる生活」さんのブログのココの記事にアップされています。

 懇切丁寧に説明してあって本当に助かります。でも、このようなインターネット画面記入に慣れてない方には、滅茶苦茶難しく面倒臭いようですが。

 <90日過ぎてイミグレに申告しても大丈夫?

 本日野暮用でプロメナーダのチェンマイイミグレに同行することに。それならついでに、私の“90日届け”も済ますことに。

 ただし、私の直近のタイ入国日から今日までを指折り数えると、「ありゃまあー、95日目と、5日オーバーだわ!」と気が動転。・・・することもなく、冷静に対処。

 というのも、ココのイミグレのウエブサイトの「90日届け」の所を詳しく読むと、
90日届けは、90日目の15日前から、ないしは90日目の7日後までの期間で行うことができる」と、はっきり記されている。

 とは言っても、係の役人が「7日後以内まで可能なんて知りませんよ!」と冷たく返答されたら・・・万事休して、罰金を払う羽目になりかねない。

 「イミグレの役人がイミグレの規則を知らないなんて有り得ないだろう!」との、日本人的な常識的判断は、チェンマイのイミグレでは通用しない場合もあるのが現実。

 そこで、一計を案じて、タイのイミグレのウエブサイトの「90日届けは、90日目の15日前から、ないしは90日目の7日後までの期間で行うことができる」との部分が含まれたページを、わざわざプリントアウトして持参。

 いざという時には、そのプリントアウト文章を提示して、「この通り、イミグレの規則にちゃんと“7日後以内でも申告可能”と書いてありますが?」と、係官に控えめに説明しよう。

 さて、まずはインフォメーションの実習学生に“90日過ぎての7日以内の申告”を問い合わせると、「??!!」で返事なし。次に、書類チェックと順番受付の係りに、パスポートに申請用紙と必要書類を出してチェックしてもらう。

 この時は、余計なことは何も言わなかったが、チェックし終わって、90日届けの受付番号をもらう。午前11時前で65番の札。部屋の中に入って、何番を受付中なのかを番号札入れの箱の中を見ると、63番の札が見える。

 すぐに、64番が呼ばれ、数分もかからずに、私の65番が呼ばれて、受付机の前の椅子に座る。コンピューターにデータ入力の時に、「あんた、90日を5日間も過ぎているよ・・・」などと指摘される。・・・こともなく、まったく何も言われずに、次回の90日目出頭日を記した書類を折りたたんで、ホッチキスで私のパスポートに留めて、さっさと返却してくれた。

 たぶん係官は“90日の期日後7日以内の申告なので問題なし”と、規則通りに当たり前に判断したようだ。鞄に忍ばせた規則のプリントアウトは無駄に終わったが、結果的に“運良く”無駄に終わったと考えることに。

 ちなみに、私の順番の前の94番のタイ人男は、かなり高齢の欧米老人を連れて来ての代理申告。(イミグレでの90日届けは、本人でなくても代理人でも可能)。係官から、「90日申告ですが27日もオーバー。罰金を払わないといけません」と、きっぱり言われていた。そして、罰金支払いは、「ここではなく、(イミグレのちょっと)上級役人のデスクへ行きなさい!」とも言われていた。

 「90日届け」ですが、届けにイミグレに足を運ぶのは文字通り「苦渋日」になるようです??!! その「苦渋日」を軽く飛び越える裏技もあるようですが、それは知る人ぞ知るということらしいです。

 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 15:00| Comment(0) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。