2017年08月04日

「戦いは終わった -マハーバーラタより-」のチェンマイ公演のお知らせ

20170803dorama.png

 小池博史ブリッジプロジェクト・国際共同制作舞台「戦いは終わった -マハーバーラタより-」のお知らせ。以下を参照。・・・

★★★ 国際共同制作舞台「戦いは終わった -マハーバーラタより-」のお知らせ★★★
 小池博史ブリッジプロジェクトが2013年から2020年までの8カ年計画で臨む、インド古代叙事詩「マハーバーラタ」の全編舞台作品化計画。各国の有名演出家をはじめ、近年注目されている「マハーバーラタ」。
 演出家・小池博史(こいけひろし)が手がけ、これまでカンボジア・ベトナム・インド・マレーシア・タイ・中国・フィリピン・インドネシアなど、アジア各国で大絶賛でむかえられてきました。5年目となる2017年はタイでの滞在制作及びタイと日本での公演ツアーに挑みます。
 アジア各国のアーティストらが共同で取り組み、発展を遂げる本事業はアジア、そして世界へ向けてビッグウェーブを起こす。タイと日本から世界へと発信する本作。どうぞお見逃しなく!
<ダイジェスト映像>
 https://youtu.be/C7rAibP83NQ
<インタビュー>
 https://youtu.be/HNbXL-Hx8Ec
【チケット情報】
チェンマイ公演:2017年8月5日(土) 19:00〜
会場:チェンマイ カレッジ オブ ドラマティックアーツ
1 Suriyawong Rd., Soi 2 Haiya, Muang District, Chiang Mai 50100
場所:https://goo.gl/maps/bSNnvzCqXpD2
<チケット料金>VIP 500Baht/一般 350Baht/学生(19歳以下) 200Baht
【重要】
当日確実にお越し頂ける方限定で、必要事項を記載の上メール頂ければ、チケットをお取り置きさせて頂きます。
 お名前・ご予約人数(二十歳以上の成人と、19歳以下の人数を分けてください)・メールアドレス・電話番号・どちらからこの公演情報をお知りになりましたか?
 お申込みは専用メール mahabharata.part4@gmail.comまで。お待ちしております!
日本でも8/12、13に多摩パルテノンで行われる予定です。詳しくは、公式ホームページまで
 http://kikh.com/mahabharata4/
タイ公演のホームページはこちら
 https://www.facebook.com/mahabhalata4/


 ◎公演場所のChiang Mai College of Dramatic Arts Theatreですが、タイ語ではวิทยาลัยนาฏศิลป์เชียงใหม่(ウィッタヤライ・ナータシンチェンマイ)で、以下の地図を参考にしてください。



♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 04:00| Comment(5) | TrackBack(0) | チェンマイのイベント・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見に行こうと思うのですが、公演場所はどのあたり何でしょうか。
またチケットはどこかで販売しているのでしょうか。
調べてみましたが、見つけられませんでした。
Posted by タイブログランキング管理者 at 2017年07月23日 08:26
タイブログランキング管理者さん
 場所ですがグーグルマップを追記しました。チケット入手ですが、メール連絡ないしは公演場所の学校に直接尋ねたらいかがでしょうか?

>タイブログランキング管理者さん
>
>見に行こうと思うのですが、公演場所はどのあたり何でしょうか。
>またチケットはどこかで販売しているのでしょうか。
>調べてみましたが、見つけられませんでした。
Posted by 新明天庵 at 2017年07月23日 13:27
ありがとうございます。
とりあえず、公演までに大学に行ってみます。
Posted by タイブログランキング管理者 at 2017年07月25日 16:34
公演が行われる学校に行ってきました。
大学ではないようです。
芸術高校かも。
タイの伝統楽器の音が鳴り響き、踊りの準備をしている女子学生がいました。

日本で見るのもいいですが、物語の世界に近いタイで見るのも趣があります。

明日は終わるのが遅いので、近くのバーンパステルのドミトリーに泊まります。
白い童話の中に出てきそうな、ブティックゲストハウスです。
おじさんには似合わないが。
Posted by タイブログランキング管理者 at 2017年08月04日 12:45
見てきました。
満員だったのに驚き。
おもしろい試み。
中国、タイ、日本などの国の人々の混成チーム。
それぞれの国の人がそれぞれの国の言葉で演じる。
日本人は日本語で、
タイ人はタイ語で、
中国人は中国語で。
スクリーンにタイ語の翻訳が出る。
タイ語が読めない人は、物語の筋を事前に調べておかないと、物語が追えない。
Posted by タイブログランキング管理者 at 2017年08月06日 08:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック