2017年07月15日

チェンマイの雨季の市場に溢れるフルーツや枝豆(前編)

20170712furuitG.jpg

20170712furuitH.jpg
 左の縞のある果物は“タイスイカ”

 ほぼ毎日が“曇り一時雨”のぐずついた空模様が続く、雨季真っ最中の7月のチェンマイ。青空と太陽が眺められないので、気分もふさぎがちになる。でも、田舎の市場に行けば、今がシーズンの熱帯フルーツなどが溢れている。以下に写真で紹介しよう!・・・


 ◎タイ語でも同じアボガドはいろんな形で格安!

20170712furuitJ.jpg
 1キロで35バーツ(約130円)と格安!

  “森のバター”ともいわれる高カロリーのフルーツで、ダイエット中の私には“危険なフルーツ”で見て見ぬふり。切り身をわさび醤油で頂くと、なんと“マグロのトロのような味”。“カリフォルニア巻き”に、サラダにと美味しくいただけるのだが、ダイエット中で我慢・我慢!

 ◎日本におられる方、近くのスーパーなどに売っている“冷凍枝豆”の袋の“生産国”を確かめてください。たぶん、生産国は「タイ」となっているのではないでしょうか? 違っていたら、見なかったことにしてください。

20170712furuitC.jpg

 チェンマイのわがメーテン郡の東に隣接するプラーオ郡では、以前から「日本向けの枝豆」を栽培収穫している。その日本輸出の枝豆の品質規格は厳しいらしく、“豆は3粒入り”などと厳格に決められているらしい。

 となると、規格外の“不良の枝豆”が大量に出る。それが、地元や近在の市場などで投げ売り状態となるようだ。庵田舎では、1キロ20バーツ(約75円)。普段、ビールや酒を飲まない私には、つまみに最高の枝豆にも無関心。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451818678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック