2017年06月05日

チェンマイMAYAのSFXシネマのシニアカードを活用しよう!

20170605movieA.jpg
 MAYA5階(?)のSFXシネマ

20170605movieB.jpg
 わかりやすい上映映画の名前と上映時間案内

 日本の映画館でも60歳以上のシニア割引があるようです。「通常1800円のところ、シニア割引(60歳以上)を利用すると1,000〜1,100円で最新の映画も楽しむことができます」などとある。まあ、1,000円以下の場合もあるかもしれません。

 チェンマイMAYAショッピングセンター内のSFXシネマにもシニアカードがあるとのことで、申し込んでカードを入手しました。というのも、そのカードがあれば「シニアプライス」とやらで、割引してもらえて、“平日の月曜から金曜の午前中ならば60バーツ”・・・

 最新映画がわずか60バーツ(約210円)で鑑賞できるとは、これを見逃すのは惜しい。ところが、悲しいかな。「いくら安くても、タイでタイ語や英語字幕の映画を見てもチンプンカンプンでしょうが?」となる。

 ごもっともなことである。ところが、ココソコのブログ記事で紹介しているように、最近は話題の日本映画もチェンマイで上映するようになってきている。その日本映画を暇つぶしにでも安く見に行くことができるというものだ。

 チェンマイにロングステイや定住したものの、「毎日が日曜で、結構退屈して困っているんよ!」とぼやきたくなる方。「“きょうよう(今日用事がある)”と“きょういく(今日行くところがある)”」不足で悩んでいる方。(大きなお世話だわ!)

 たまにですが、チェンマイに来る話題の日本映画をシニアカードを活用して鑑賞に行きたいものです。やはり、たまに日本映画を映画館に見に行くことができるチェンマイ暮らしでありたいですね。

20170605movieC.jpg
 1年間有効のシニアカード・地味だなあ?

20170605movieD.jpg
  ほとんど公開されない(?)カードの裏

 なお、シニアカードですが、私の場合は取得しているタイ国運転免許証だけを、カード申し込み受付係の奇麗なお姉さん(本当ですよ!)に提示。申込用紙にはすべて書き込んでくれて、最後に「年齢、電話番号、メールアドレス」を記入して終わり。カードは1枚100バーツで1年間有効とのことです。

 カードの裏には「使用เงื่อนไข(グゥオンカイ・条件)」が、あれこれと小さな文字で記されていますが、「使用の際は本人確認のためにIDカード(タイ国運転免許証でも可)提示」とありますので注意して下さい。(他の細かい条件は常識の範囲で知らなくても構わないか?)。

 ところで、タイ国運転免許証がなくて、パスポート提示でも可能なのか? すみません、そこまで気が付かずに尋ねるのを忘れました。どなたか、パスポートで可能なのか直接問い合わせてください。

 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ロングステイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バンコクに年間120日位滞在しているのですが、このシニアカードは最近知りました。

補足すると午前中限定でなく午後も使えます。

午前中より割引率が少なくなりますが、日曜日の午後でも伊勢丹の入っているセントラルワールドでは140Bですからお得です。

同じSFでもアソークの角にあるターミナル21の方が微妙に安くて良いのですがスクリーン数が少ないのが難です。

水曜日が安いのでもっぱら水曜日まで見たい映画を待っていましたが、私を含めて意外とシニアカードを知らない方が多いのでお勧めです。

窓口で問い合わせた時、パスポートでOKと言われました。帰国が迫っていたので次回にと言うと、番号が分かればパスポートが無くてもOKと言われました、さすがタイです(笑)。

ただしIDは持参された方が良いと思いますが。

ところで日本映画でもタイ語に吹き替えしている場合があります。

ゴジラの場合は日本語バージョンとタイ語バージョンがありましたので入場前に要確認です。
Posted by ACE at 2017年07月24日 12:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック