2017年05月25日

チェンマイ田舎市場には果物も野菜もいっぱいあるでよ!

20170525itibaD.jpg
 大粒リンチーのチャカパットも出回り始めた

 昨夜の雨の影響で、チェンマイ大学のグランドコンディションが不良で、木曜午前中のソフトボール練習は中止と独りよがりの判断(練習はあったかもね?)。そこで、ポッカリ空いた時間を利用して、チェンマイ庵田舎地区の木曜午前中定期市へ。・・・

 「ところで、何を買うべきか?それが問題だ!」ということで、台所の冷蔵庫に残っている野菜や果物を思い浮かべる。切らせている野菜の浅漬けの仕込み、家庭菜園もどきに植えてある日本ネギの補充などが思いついた。

20170525itibaA.jpg
 キャベツ3個で10バーツとはね??!!

20170525itibaB.jpg
 ジャガイモも1キロ20バーツの安値

 あとは、バイクで出掛けて、市場に並ぶものを見て回ってから、買いたいものを決めればよい。ちょっと物珍しい果物や野菜を写真に撮りつつ、ちょこちょこと買い物を済ましていく。

20170525itibaC.jpg
 これからの雨季が本番のアボガド

20170525itibaF.jpg
 良い香りが漂うマハチャノック種マンゴー

 庵に戻って、午後からは、暑い中で日本ネギを植えて、日本キュウリ・キャベツ・ニンジンのミックス浅漬けを仕込み、買ってきた2枚で20バーツの手作りコンニャクでじゃがいも・人参との煮付けなどなどと、忙しいったらありゃしない。

 ちなみに本日市場で衝動買いも含めて買い求めた物。日本ネギ2束(10本くらい)20バーツ、オクラ5本5バーツ、キャベツ3個10バーツ、日本キュウリ2キロ40バーツ、板コンニャク2枚20バーツ、ボール状油揚げ20個20バーツ、パッションフルーツ果実10個入り20バーツなど合計135バーツ(500円弱)。

 こんなところでしょうかね。それにしても、気味が悪いほど安いとは思いませんか?まあ、品質や安全性など疑問符がつきますが、ベーキングパウダーで水洗いしているので、良しとしましょう。

20170525itibaE.jpg
 今の5月が旬の果実マッファイ
 詳しくはココを参照

20170525itibaG.jpg
 今回見つけた謎の花芽? 教えてください!

 まあ、ここはお寺と田畑と犬がやたらに多いチェンマイ田舎なので、日本食の外食など望むべくもない。そうなると、食べたい日本食は自分で創作(?)しなければならない。まあ、食材は格安で入手でき、作るのも週に1回程度であるので、学校で「技術家庭」教科が嫌いでなかった私には、そんなに苦にはならない。

 それよりも、単調になりやすいチェンマイ田舎暮らしの生活のリズムつくりに、定期市での買い物の後の料理の仕込みは、大いに役に立っていると思われる。チェンマイ市内や郊外で暮らしていたら、こんな楽しい苦労は出来ないのだから(無理しているのとちゃう?)。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | チェンマイ田舎定期市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイでぬか味噌を管理保存するのは手数が大変です。タイ人がデザートとして食べるカオ・マーク(米こうじ、甘酒の素)に大根を漬けて密封、冷蔵庫に4−5日保存すると、「ベッタラ漬」が出来ます。少量の補充でこのカオ・マークは3ー4回使えます。
Posted by 菅 久雄 at 2017年05月25日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450218590
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック