2017年05月20日

チェンマイ市内チャーンクラーン通りのぼったくりカラオケ店に注意!

20170520newsA.png

 5月18日夜に、ランパーンからチェンマイ市内に遊びに来た男性が、トックトゥク運転手の案内で、市内チャーンクラーン通りにあるとあるカラオケ店に入る。若い女の子を1人呼んで横に座らせ、ビアシンとハイネケンの小瓶を合わせて7本飲んだ。深夜0時から午前1時まで約1時間遊んだ後に、勘定(上記写真上記写真)を見てびっくり。なんと11509バーツ。慌てて逃げて警察に行って助けを求めたそうだ。

 ◎とあるカラオケ店と具体名を伏せるマスコミ。なんで伏せるのでしょうかね?店と警察はどうにかなっているのではないか? と勘繰りたくもなりませんか?

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 地元紙・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャンクラン通りに面して、外に女をはべらせているようなカラオケ店は3〜4店あるが、全てボッタクリ・カラオケと言っていい。昔、領事館近くにあったヴァイオリンという店でボッタクリにあったが、同じ名前の店がチャンクラン通りにできていた。事件を起こした店もしばらくたてば相変わらず営業している。警察と癒着しているからだろう。タイ警察は賄賂でなんとでもなる。店名は公開すべきだ。
Posted by 北山 at 2017年05月21日 08:52
同じ経験をしたよ。
9500バーツ、1時間で。
店に入ってから、二度、三度、金額を確認してね。

女の子の豹変ぶりに度肝を抜かれた。
宿泊先に携帯で電話して、尚かつ地元のツアリストポリスに電話して。

初めての経験だけれど、ぼったくりの手法を掲示します。

カラオケは室内に仕切りがあり、高額な勘定をまずみせられます。そこで拒否すると、入れ替わりで沢山の連中が入ってきて、金を払えと脅してきます。

その間、その部屋からは出させません。ホテルに連絡をして、警官を寄越して貰おうと、住所と店名を確認しますが、これには全く応じません。

5人ぐらいの連中にその狭い部屋で囲まれて脅されます。

結局、ホテルのスタッフに連絡して貰った警察の番号に電話をしました。これは、凄い嫌がって、電話をとりあげようとされましたが、とにかく連絡を入れました。

電話口の警官は英語が流暢に話せるので、事情を説明します。が、バー側からも警察を呼び、二人の警官がきて、初めて部屋から出られました。

この間、当然ながら、電話は切らず、電話口の警官と話しています。

二人の警官は英語が話せません。(そもそも、バーから連絡を入れてきた警官なので、信用できる筈がありません。警官のバッジとか、IDを確認することも出来ない訳ですし、多分、裏で繋がっている筈です。)

で、店の前で、罵倒を浴びせられながら、30分程度、ごねていました。その間、西欧人が二人、店に入ったのですが、これも芝居の一コマかもしれません。まぁ、常連で事情を知った連中かもしれません。声を掛けても、聞こうともしませんでしたから、多分、向こう側が用意したものだと思います。つまりクズ連中です。

結局、5000バーツ、最後には2000バーツになり、時間の無駄だし、身の危険も感じたので、支払いました。

僕は長期間米国在住していたこともあり、英語は問題がないですが、この有り様です。

まず、入ったら終わりです、正直なところ。携帯がなければ、助けも呼べませんし、まして一般的な人なら、英語で警官と話せないし、事情も説明できません。

行かないことです。

今まで、結構、タイのナイトライフを楽しんでいましたが、今回、酷く痛い目にあったし、正直ショックな経験でした。(日本円にすれば、大した実害はないですが、何よりも、せっかくの旅行が台無しにされました。)


あと、ネットで夜遊び案内している日本語のブログが多く少し読みましたが低劣な内容で何を理由に情報を書いているのから理由が分かりません。こいつら、狂ってるな、と正直、思います。

大怪我したり、最悪、もめて殺された人もいるようなので、注意喚起の為に書き込みさせて頂きます。
Posted by 旅行客 at 2018年09月15日 06:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック