2017年05月04日

チェンマイの雨季の始まりはインタニンボックの紫の花が咲き誇る

20170504treeA.jpg
 インタニンボックの紫の花々

20170504treeB.jpg
 風車型(?)が特徴の紫の花

 この5月初旬は、チェンマイ田舎でも、黄色のラーチャプルック(ゴールデンシャワー)、赤色のหางนกยูงฝรั่ง(ハーンノックユーン・ファラン)(鳳凰木・火焔樹)の花が満開を迎えて、青い空に映えている。そして、雨季の始まりにもう1つの紫の花が加わる。それが、インタニンボック。・・

 ミソハギ科サルスベリ属のอินทนิลบก(インタニン・ボック)(オオミノサルスベリ)ですが、庵近くの集落のメーテン川に架かる橋の通りの両側に並木として植えられています。この木の花の詳しいことはココをクリックしてみてください。

 なお、紫の風車型の花が一回り大きいのをอินทนิลน้ำ(インタニン・ナム)(中国名ー大花紫薇)と呼ぶそうです。サルスベリは、その樹幹の樹皮がツルツルで“猿でもすべる”ところからその属名になったようです。ちなみに、“さるすべり”ですが日本語では“百日紅”に変換されます。

20170503treeA.jpg
 間違いやすい3つの紫の花

 どちらかというと薄紫の花ですが、その色の花が樹にいっぱい咲く樹は少ないのではないでしょうか。それに、紫はやはり高貴な色のイメージもありますので、眺めていても心が洗われるような気がしないでもありません。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(1) | TrackBack(0) | チェンマイなどの季節の花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いゃ〜 暑いっすね チェンマイ
大型連休休暇で、5日間滞在しました

国際免許を用意して、レンタモトサイ借りましたが、
正解でした
街中で、外国人ライダー検問やっていました

ランプーン行ったり、ハンドン行ったり、
サンデーマーケットで買い物して、
マッサージ受けて、チップ弾んで、
あっという間でした


いつも楽しくこのブログ拝見しています

コップンカップ!

Posted by Fukuda at 2017年05月04日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449560908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック