2017年04月07日

ソンクラーン水掛激戦地紹介・チェンマイ・ランプーン並木古街道

20170407sonkuranA.png

 ピックアップ自動車荷台に水タンクを搭載しての水掛け戦争の機動部隊。その激戦地の1つが、チェンマイ市内からサラピー・ランプーンに向かう国道160号線のチェンマイ・ランプーン並木古街道(上記写真参照)。・・・

 街道の両側の巨木並木は“ต้นยางนา(トンヤーンナ)”と呼ばれ、ラワンの木としても知られているフタバガキ(Dipterocarpus属の総称)という木。その和名は、柿のような形をした果実に羽根突きの羽のようながくが2枚ついていることによる(学名も「羽の2枚ある実」の意味)そうだ。

 この街道は両側に巨木並木が並んでいるので、拡張できずに、上下2車線しかなく道路幅が狭い。となると、ピックアップの機動部隊が最接近で水掛戦争を戦うことになり、激戦地の様相になるようです。

 まだ、この激戦地に出陣していない方は、今年は是非とも戦いに出掛けてください。ピックアップ自動車荷台に水タンクを搭載しての水掛け戦争の機動部隊は、今年が最後になる恐れもあります。出来るうちに楽しんでおきたいものです。

 ヤーン並木街道での水掛け最激戦地。凄い水掛けで”ヤーン”なっちゃうね!お後がよろしいようで!

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・ソンクラーン・2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック