2017年04月05日

タイではピックアップ自動車の荷台に人が乗るのを禁止??!!



 タイでは水掛ソンクラーン正月を前に、政府の「ห้าม! คนนั่งท้ายรถกระบะ(ピックアップ自動車の荷台に人が乗るのを禁止)」通達の是非を巡って、大きな社会問題にまでなっているようです。・・・

 「ピックアップ自動車の荷台に人が乗るのを禁止」すれば、水掛ソンクラーン正月でのピックアップ自動車の荷台に人と水タンクを載せての「水掛け戦争」は、もちろん全面禁止になってしまいます。

 まあ、タイでは法律があっても、実際に遵守するかどうかはかなり別の問題(?)のような根強い慣習があるようです。さて、どうなることか・・・大いに注目ですね!

 なお、上記のニュースの最初の部分には「水掛市街戦のピックアップ自動車での機動部隊」映像がありますので、この話題がよくわかるかと思います。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(4) | TrackBack(0) | チェンマイ・ソンクラーン・2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本では一応の認可手続きがありますが実質は殆ど不可能です。タイ以外でも荷台への乗車が大目に見られている国は多数あります。タイの場合全面禁止にすると大問題でしょう。今はエコカーなどの安い乗用車がありますが、以前は税金などの関係で乗用目的でもピックアップが選ばれ、今もその便利さから農村地帯では大きな販売シェアを占めています。確かに安全ベルトなど付けられませんから危険ですが、或る程度の改造?で利用出来る様にすべきでしょう。水掛禁止は別問題です。
Posted by 菅 久雄 at 2017年04月05日 12:57
アパートの引っ越し移動でピックアップの荷台に乗りましたが、掴まる所が無くて怖かったです。
でも、荷台に乗るってすごく気持ちいい。
Posted by チェンマイの名無しさん at 2017年04月06日 15:49
どうやらピックアップの荷台に6人まで座って乗るなら許可するで妥協が成立の様です。トラックの荷台に乗る危険は、振り落とされる、事故の衝撃で外に放り出されるのと、多人数が経ち乗りすると重心が上がりカーヴや急ハンドルでの転覆です。タイではソンテオやトラックバスは伝統的に人員輸送車と認められているし、ピックアップの荷台に取り付ける窓や屋根付きの改造キットも販売されていますから、何が起きても人が荷台からこぼれない様な手段と限れた人数が座って乗る事であれば良いのでは?
Posted by 菅 久雄 at 2017年04月06日 23:13
ピックアップトラックは購入費や維持費、修理代も比較的安いから売れてるのですよね?
便利だし何十万kmも走るし…

2ドア(スペースキャブ)の後部座席?に乗車禁止ってのと合わせて、今回の締め付けはモロ貧困層虐めとなりますか?

「危ないから」ってのなら、薬物中毒の運転が多くて、そちらの方が大問題だと思いますね。
http://www.nationmultimedia.com/news/breakingnews/30311798  ←これとか

http://www.bangkokpost.com/news/general/1228843/draft-day-drug-shocker ←これとか

100万バーツ超えのバカっ高いハイエースやイノーバを買わせようったって、庶民には辛い話だし
同時に警察の罰金収入を増やしてあげて手懐けたい気持ちは分かりますが、
国が身銭を切らずに貧乏人から出させるってのはどうなんでしょ…(;^ω^)
Posted by muga at 2017年04月11日 14:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448740952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック